アディダス 不朽の名作スニーカー 25選!

The 25 Best adidas sneakers of All Time

The 25 Best adidas sneakers of All Time


アディダスの定番スニーカー、名作スニーカーをピックアップ。

スポーツブランドとして長い歴史を誇るアディダスが生んだ、数々の銘品の中から25モデルを厳選し紹介します。

アディダス・スニーカー 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

adidas Superstar(アディダス・スーパースター)

adidas Superstar

adidas Superstar
via adidas


スーパースターは1969年に誕生したアディダスを代表するクラシック・スニーカー。

プロユースのバスケットボールシューズとして開発されたモデルで、その登場がきっかけとなり、アディダスはバスケットボール・ブランドとして70年代以降、黄金期を迎えることになります。

1980年代にはニューヨーク・クイーンズ出身のヒップホップグループ、Run-D.M.C.のメンバーが愛用したことで、ストリートアイテムとして再評価されたスニーカーです。

adidas Samba(アディダス・サンバ)

adidas Samba

adidas Samba
via adidas


アディダス・サンバは1950年に登場したサッカーシューズ。アディダスの現役シューズのなかでもっとも古いモデルのひとつであり、全世界で3500万足以上の売り上げを誇るロングセラー/ベストセラーモデルです。

イングランドのフットボールサポーターから発生したサブカルチャー「カジュアルズ」や「スカリーズ」によって再解釈されストリートアイテムに。

「ヨーロッパのエアジョーダン」の異名をもつ、オールドスクール・スニーカーの名作です。

関連記事:アディダス・サンバ(adidas samba)

adidas Stan Smith(アディダス・スタンスミス)

adidas Stan Smith

adidas Stan Smith
via sneakersnstuff


1965年、フランスでプロテニスのチャンピオンだった、ロバート・ハイレット氏のシグネチャーモデルとして誕生。

ハイレット氏が引退後、競技にハイレットモデルを愛用していた、アメリカ人テニスプレーヤー、スタンリー・ロジャー・スミス氏をモデルの顔に変更。「スタン・スミス」モデルとリネームされました。

adidas Forest Hills(アディダス・フォレストヒルズ)

adidas Forest Hills

adidas Forest Hills
via sneakersnstuff


ゴールドの3ストライプが美しい、1970年代に誕生したプロユースのテニスシューズ「フォレストヒルズ」。

ネーミングは、当時全米オープンテニスの会場であった、ニューヨーク・クイーンズ地区の名門「ウエストサイド・テニスクラブ」通称「フォレストヒルズ」に由来します。

通気性に優れ、当時としては最軽量の250グラム。1980年代半ばまで、テニスシューズのトップモデルとして高い人気を誇りました。

関連記事:アディダス・フォレストヒルズ(adidas Forest Hills)

adidas Country(アディダス・カントリー)

adidas Country

adidas Country
vía Mita sneakers


アディダス・カントリーは1970年代初頭に登場したランニングシューズのロングセラーモデル。

オフロードを走るスポーツ「クロスカントリー・ランニング」用に開発されたシューズです。

関連記事:アディダス・カントリー(adidas Country)

adidas Campus(アディダス・キャンパス)

adidas Campus

adidas Campus
via adidas



1980年発売当初は、バスケットボールシューズの廉価モデルとして登場したアディダス・キャンパス。

ニューヨーク出身のヒップホップグループ、ビースティーボーイズのメンバーが愛用したことで、ストリートアイテムとして再評価されたスニーカーです。

adidas Gazelle(アディダス・ガッツレー)

Adidas Gazelle

adidas Gazelle
via uptherestore


ガッツレー(ガゼル)は1960年代に登場した多目的トレーニングシューズ。

サッカーやハンドボールなど、屋内・屋外問わずさまざまな場所でトレーニング(または競技会に使用)するために開発されたモデルで、ヨーロッパではプロサッカー選手に愛用者が多いことから、チームのサポーター達、特に「カジュアルズ」界隈では、定番モデルとして絶大な支持を集めたスニーカーです。

1991年にセレクトショップとしてスタートしたXLARGEでは、キャンパスやガッツレーなどのデッドストックが主力商品としてに店頭を飾り、ヒップホップ、スケーターアイテムとして再評価されたモデルです。

adidas Trimm-Trab(アディダス・トリムトラブ)

adidas Trimm-Trab

adidas Trimm-Trab
via size?


1970年の旧西ドイツ、ドイツスポーツ連盟が中心となり「トリム運動」というスポーツ振興プロジェクトを開始。屋内外でのトレーニングメニューが考案され、広告代理店は「スポーツで健康。体力づくりをしよう」とキャンペーンをスタートします。

「トリムトラブ」は、この「トリム」企画から生まれたフィットネスモデルです。

adidas Micropacer(アディダス・マイクロペーサー)

adidas Micropacer

adidas Micropacer
via size?


メタリックシルバーの、ロボットのようなデザインが印象的な、1984年登場のランニングシューズ「マイクロペーサー」。

ネーミングは、内蔵のマイクロ・プロセッサーが、ペーサー(伴走者)の役割を行うという意味。速度と距離、カロリー出力を計算し、アナログLCDディスプレイに表示。

意外にもヨーロッパのサッカーのサポーターの間では、マイクロペーサーのファンが少なくなく、2000年頃から復刻リリースが開始。ストリートアイテムとして再評価され、完全復活したスニーカーです。

adidas Top Ten(アディダス・トップテン)

adidas Top Ten

adidas Top Ten
via asphaltgold


トップテンは「スーパースター」「ジャバー」の次世代として、1979年に登場したバスケットボール・シューズの高品質モデル。

ヒューストン・ロケッツの名スモールフォワード、リック・バリー氏監修のもとに製品化。さらに10人のトッププレーヤーによって最終テストが行なわれたことから「トップテン」と名付けられました。

adidas Marathon TR(アディダス・マラソントレーナー)

adidas Marathon TR

adidas Marathon TR
via adidas


「マラソントレーナー」は1979年に登場した長距離用ランニングシューズ。

創設者アディ・ダスラー氏が開発指導に関わった、最後のモデルのひとつで、クッショニングの新技術「デリンジャー・ウエブ」や不整地用のアウトソールを採用した高機能シューズ。

ランニング専門誌「ランナーズワールド」において最高評価の5つ星を獲得しています。

adidas Tobacco(アディダス・タバコ)

adidas Tobacco

adidas Tobacco
via size?


アディダス・タバコは1970年代初頭に登場したレジャー用シューズ。カジュアルスニーカーの古典です。

世界各地のリゾート地や島の名前を冠した、通称「島シリーズ」の中でも特に人気のモデルで、ネーミングは知る人ぞ知るビーチリゾート、タバコ・ケイ(Tobacco Caye)から。

関連記事:アディダス・タバコ(adidas Tobacco)

adidas SL 80(アディダス SL 80)

adidas SL 80

adidas SL 80
via adidas


「SL80」は1970年代の終わりに登場した多目的トレーニングシューズ。

ソビエト時代の首都モスクワで開催された、第22回オリンピック競技大会(1980年)に向けて開発されたモデルです。

1970年代初頭からオリンピック毎にリリースされた「SL」シリーズの80年代バージョンで、ネーミングの「SL」は、超軽量(Super Light)の頭文字から。

関連記事:アディダス SL 80 (adidas SL 80)

adidas ZX 500(アディダス ZX 500)

adidas ZX 500

adidas ZX 500
via size?


1984年にロサンゼルスで行なわれた夏季オリンピックに向けて、⻑距離トレイルランナー向けのシューズ・カテゴリーとして誕生した「ZX」シリーズ。

シリーズ開始と同時にその第1弾としてリリースされた高性能モデルが「ZX 500」です。

関連記事:アディダス・ゼットエックス 500(adidas ZX 500)

adidas Equipment Running Support(アディダス・エキップメント・ランニング・サポート)

adidas Equipment Running Support

adidas Equipment Running Support
via Schuh-You


1990年、アディダスは最高のパフォーマンスを引き出す機能商品、各ジャンルの最上位アイテムに「エキップメント」という称号をつけ、差別化をはかりました。

ここでのEquipment(エキップメント/イクイップメント)とは「最高装備」の意味。

現在「パフォーマンスロゴ」と呼ばれる三角形のロゴも、「エキップメント・シリーズ」のために生まれたマークです。

その初期モデルとして登場したランニングシューズが「エキップメント・ランニング・サポート」。サポート機能に特化した90年代初頭の最高品質シューズです。

adidas Achill(アディダス・アキル)

adidas Achill

adidas Achill
via adidas


ランニング情報誌「ランナーズワールド」いわく、「ジョギング・ブームが始まるずっと前に登場した、ランニングシューズのベースとなったモデル」。

「アキル」は1968年に登場したトレーニングシューズで、ミッドソールに厚手のウェッジを搭載したデザインは、1970年代以降のランニングシューズ、長距離用トレーニングシューズ、ジョギングシューズに大きな影響を与えました。

関連記事:アディダス・アキル(adidas Achill)

adidas TRX(アディダス TRX)

adidas TRX

adidas TRX
via adidas


「TRX」は1970年代半ばに登場したランニングシューズのハイグレードモデル。

特徴的なディンプル状のミッドソールは、「トラクション・ダイナミクス」という最新技術を搭載したもので(ネーミングの「TRX」は「Traction」の略語)、着地時の衝撃を分散し、推進力へと変換します。

関連記事:アディダス TRX(adidas TRX)

adidas Rod Laver Super(アディダス・ロッドレーバー・スーパー)

adidas Rod Laver Super

adidas Rod Laver Super
via Urban Outfitters


ロッドレーバー・スーパーは、1970年代の終わりに登場したテニス・シューズ。

1960年代から70年代まで活躍した、オーストラリア出身のレジェンド・プレーヤー、ロッド・レーバー氏のシグネチャーモデルです。

adidas Rom(アディダス・ローマ)

adidas Rom

adidas Rom
via adidas


「ローマ」は1958年に登場したトレーニングシューズの古典。

1960年にイタリア・ローマで開催された夏季オリンピックに向け、アスリートのための多目的シューズとして開発されたモデルです。

adidas Forum(アディダス・フォーラム)

adidas Forum Hi

adidas Forum Hi
via Wish Atlanta


フォーラムは1984年に登場したバスケットボール・シューズ。同年7月にロサンゼルスで開催された夏季オリンピックに向けて開発されたモデルです。

ネーミングの由来は、バスケットボールの試合会場となった、カリフォルニア州イングルウッドの屋内競技場「ザ・フォーラム」から。

リリース直後、オリンピックのアメリカ代表選考大会で、若き日のマイケル・ジョーダン氏が着用したシューズとしても知られています。

関連記事:アディダス・フォーラム(adidas Forum)

adidas Handball Top(アディダス・ハンドボールトップ)

adidas Handball Top

adidas Handball Top
via Oi Polloi


ハンドボールトップは1987年に登場したハンドボール用の高品質シューズ。オリジナルはアッパーに上質なナッパレザーを採用し、当時のインドアシューズのイメージを変えたモデルです。

ハンドボール先進国を中心に流通し、イギリスのサッカー愛好家の間ではストリートアイテムとして人気に。

関連記事:アディダス・ハンドボールトップ(adidas Handball Top)

adidas Stockholm(アディダス・ストックホルム)

adidas Stockholm

adidas Stockholm
via endclothing


「ストックホルム」は1970年代初頭に登場したベロアレザー製のトレーニングシューズ。

ネーミングはスウェーデンの首都の名前に由来する、いわゆる「都市シリーズ」、「City Range」と呼ばれるスニーカーのひとつで、「ブリュッセル」「ベルン」「アムステルダム」などの都市モデルと同時期にリリース。

なかでも「サンバ」とおなじデザインのアウトソールを採用し、スウェーデンの国旗の配色、青地にイエローストライプを落とし込んだ、鮮やかな「ストックホルム」は特に人気のモデルです。

adidas LA Trainer(アディダス LA トレーナー)

adidas LA Trainer

adidas LA Trainer
via Oi Polloi


LAトレーナーは1980年代初頭に登場した軽量ランニングシューズ。

大きな特徴はミッドソール・ヒール部分にある3色のピン「バリオ・システム」。密度の違うポリウレタン製のピンを入れ替えることで、クッショニングをカスタムできるというもの。

初代モデルは「ロサンゼルス・トレーナー」として登場し、ロス五輪のあった1984年には「LA トレーナー」と改名しています。

関連記事:アディダス・エルエー・トレーナー(adidas LA Trainer)

adidas Rivalry(アディダス・ライバルリー)

adidas Rivalry Hi

adidas Rivalry Hi
via thegoodwillout


「ライバルリー」は1986年に誕生したバスケットボール・シューズ。ニューヨーク・ニックスの名センター、パトリック・ユーイングのシグネチャーモデルとして開発されたモデルです。

1985年にドラフト全体1位でニューヨーク・ニックスに指名されたユーイング氏は、ファーストシーズンには新人賞を受賞。アディダスはそのトップルーキーをフィーチャーし、「ライバルリー」「コンダクター」「アティチュード」とユーイング・モデルを続々リリースします。

同年、Run-D.M.C.が「マイ・アディダス」と謳いアディダス人気が高まる中、ビースティーボーイズのアダム・ヤウク氏が愛用したことで、ストリートアイテムの定番となったスニーカーです。

adidas Jabbar(アディダス・ジャバー)

adidas Jabbar

adidas Jabbar
via size?


ジャバーは1970年代後半に登場したバスケットボール・シューズ

NBAロサンゼルス・レイカーズの名センター、カリーム・アブドゥル・ジャバー氏のシグネチャーモデルです。

Amazonで探す

アディダス・スニーカー

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

ミタスニーカーズ(Mita Sneakers)

スキット(skit)

スポンサーリンク







スポンサーリンク