アディダス 都市シリーズ 25選!(ヨーロッパ編)

adidas City Series (Europe)

adidas City Series (Europe)


ロンドン、ベルリン、コペンハーゲン、ブリュッセル、ベルン‥‥。

1970年代から1980年代にかけ、アディダスは世界の都市名のついたトレーニングシューズを続々リリース。通称「都市シリーズ」「地名シリーズ」「シティ・レンジ」などと呼ばれ、現在も根強い人気を誇るジャンルです。

ここでは「都市シリーズ」の数々の銘品の中から、ヨーロッパの都市の名前がついた25モデルを厳選し紹介します。

アディダス・スニーカー 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

adidas London(アディダス・ロンドン)

adidas London

adidas London
via adidas


イングランドの首都ロンドンの名前がついた、1970年代リリースの人気モデル。
真っ赤なスエードは、ロンドン名物である公衆電話ボックスや、2階建てバスを連想させます。

関連記事:アディダス・ロンドン(adidas London)

adidas Dublin(アディダス・ダブリン)

adidas Dublin

adidas Dublin
via adidas


アイルランドの首都ダブリンから。
「ロンドン」と同型デザインのカラーバリエーションモデル。1976年の初登場以来、何度も復刻される人気スニーカーです。

関連記事:アディダス・ダブリン(adidas Dublin)

adidas Kopenhagen(アディダス・コペンハーゲン)

adidas Kopenhagen

adidas Kopenhagen
via adidas


デンマークの首都コペンハーゲンから。
鮮やかなイエローレザーは、名所でもある黄色い煉瓦造りの街並みを連想させます。

関連記事:アディダス・コペンハーゲン(adidas Kopenhagen)

adidas Berlin(アディダス・ベルリン)

adidas Berlin

adidas Berlin
via adidas


ドイツの首都ベルリンから。
深い紺色のスエードアッパーにライトブルーのストライプは、西ドイツ軍のトラックスーツ(トレーニング・ジャージ)を連想させる配色です。

関連記事:アディダス・ベルリン(adidas Berlin)

adidas Rom(アディダス・ローマ)

adidas Rom

adidas Rom
via adidas


1960年のローマ・オリンピックに向けてリリースされた、トレーニングシューズの古典。都市の名前がついたモデルとしては最も初期のもののひとつです。

関連記事:アディダス・ローマ(adidas Rom)

adidas Vienna(アディダス・ヴィエナ)

adidas Vienna (1979)

adidas Vienna (1979)
via adidas


Vienna(ヴィエナ/ビエンナ)とは、オーストリアの首都ウィーン(Wien)の英語表記。

名作「ローマ」のデザインを受け継ぐ、都市シリーズの人気のモデルで、オリジナルカラーはホワイトレザーに赤のストライプ。
「赤と白」はウィーンの市の旗の色、さらにオーストリアの国旗の配色です。

関連記事:アディダス・ヴィエナ(adidas Vienna)

adidas Malmö(アディダス・マルメ)

adidas Malmö

adidas Malmö (reissue)
via Size?


スウェーデン最南部の大都市マルメから。
鮮やかなマスタードイエローとロイヤルブルーは、スウェーデンの国旗の配色です。

関連記事:アディダス・マルメ(adidas Malmö)

adidas Oslo(アディダス・オスロ)

adidas Oslo

adidas Oslo
via adidas


ノルウェー王国の首都、オスロから。
デザイン的に「コペンハーゲン」と兄弟モデルで、それぞれアッパーとアクセントの配色を反転させたバージョンです。

adidas Stockholm(アディダス・ストックホルム)

adidas Stockholm

adidas Stockholm (reissue)
via endclothing


スウェーデンの首都ストックホルムから。
ブルースエードにイエローストライプは、スウェーデンの国旗の配色です。

関連記事:アディダス・ストックホルム(adidas Stockholm)

adidas Bern(アディダス・ベルン)

adidas Bern

adidas Bern
via adidas


スイス連邦の首都、ベルンから。
ブルーとグリーンの配色は、1974年当時のアディダスのコンセプトカラー。リリース時のカタログでは、トラックスーツとのトータルコーディネートを提案しています。

関連記事:アディダス・ベルン(adidas Bern)

adidas Paris(アディダス・パリ)

adidas Paris

adidas Paris
via adidas


フランスの首都パリから。
デザイン的にはトレーニングシューズの古典「アディダス・レコード」のカラーバリエーションモデル。フランス国旗のトリコロールカラー(もしくはパリの市旗の青と赤)を落としこんでいます。

adidas City(アディダス・シティ)

adidas City

adidas City
via adidas


「City」はシンプルに「都市」を意味する単語。もしくはロンドンの金融街「シティ・オブ・ロンドン」、通称「the City」の意味にもとれます。
人気モデル「ケルン」と同型、カラーバリエーションモデルです。

adidas Amsterdam(アディダス・アムステルダム)

adidas Amsterdam

adidas Amsterdam
via ebay/khristindukhnya-0


オランダ最大の都市アムステルダムから。
濃いチョコレートカラーのスエードとブラウンレザーの組み合せは、オランダの伝統的なレンガ造りを連想させる配色です。

関連記事:アディダス・アムステルダム(adidas Amsterdam)

adidas Hamburg(アディダス・ハンブルグ)

adidas Hamburg

adidas Hamburg (reissue)
via le-fix


ドイツ北部の都市ハンブルグから。
インドアスポーツ用のトレーニングシューズとして、1982年に初登場。

adidas Napoli(アディダス・ナポリ)

adidas Napoli

adidas Napoli
via adidas


イタリア南部の都市ナポリから。
「ナポリ」という名前のモデルには、日本企画の全く異なるインドアシューズが存在しますが、写真のナポリは1980年代にヨーロッパを中心に流通したヒットモデル。名作「SL80」のデザインを踏襲しています。

adidas Brüssel(アディダス・ブリュッセル)

adidas Brussels

adidas Brüssel
via adidas


ベルギー王国の首都ブリュッセルから。
トレーニングシューズの古典「アテネ」のカラーバリエーションモデル。ブラックとオレンジの配色はアディダスが当時提案したトレンドカラーです。

関連記事:アディダス・ブリュッセル(adidas Brüssel)

adidas Milano(アディダス・ミラノ)

adidas Milano

adidas Milano
via adidas


イタリア第2の都市、ミラノから。
デザイン的には1980年代に登場したオープントゥボックス・タイプの「ローマ」と同型。ブラックスエード、ゴールドストライプバージョンです。

adidas Frankfurt(アディダス・フランクフルト)

adidas Frankfurt

adidas Frankfurt
via ebay/ostafaly_0


ドイツ第5の都市フランクフルト・アム・マイン、通称「フランクフルト」から。
1980年代初頭に登場した、ベルクロ仕様でシルバーストライプのスエードモデル。アウトソールは「ハンブルグ」と同型のものです。

adidas Torino(アディダス・トリノ)

adidas Torino

adidas Torino
via adidas


イタリア共和国の工業都市、トリノから。
トレーニングシューズの古典「アテネ」のデザインをベースに、配色をアレンジ。シルバーストライプ・バージョンです。

adidas Köln(アディダス・ケルン)

adidas Köln

adidas Köln
via adidas


ドイツ第4の都市、ケルンから。
発売当時はドイツ市場向けだったため、イギリス国内で希少モデルとなり価格が高騰。アディダス大好きなイングランドの(オールド)サッカーファンの間でカルトな人気を誇るモデルです。

adidas Athen(アディダス・アテネ)

adidas Athen

adidas Athen
via adidas


ギリシャ共和国の首都アテネから。
1968年のメキシコシティー・オリンピックに向けてリリースされた、トレーニングシューズのクラシックモデルです。

関連記事:アディダス・アテネ(adidas Athen)

adidas Zürich(アディダス・チューリッヒ)

adidas Zürich

adidas Zürich
via adidas


スイス最大の都市チューリッヒから。
デザイン的にはトレーニングシューズ「ビエンナ」の1978年型と同じフォルム。ブルーレザー・バージョンです。

adidas München(アディダス・ミュンヘン)

adidas München

adidas München (reissue)
via oipolloi


ドイツ第3の都市、ミュンヘンから。
「ミュンヘン」と名のつくモデルはいくつか存在しますが、非常に珍しいネイビー×ゴールドのトレーニングシューズは日本企画で1980年代初頭にリリースされたもの。写真はその復刻バージョンです。

adidas Valencia(アディダス・バレンシア)

adidas Valencia

adidas Valencia (reissue)
via Size?


地中海に面する、スペイン東海岸の都市、バレンシアから。
カジュアル系スニーカーの人気モデル「ジーンズ」と同型デザイン。レザーアッパー・バージョンです。

adidas Madrid(アディダス・マドリード)

adidas Madrid

adidas Madrid
via adidas


スペインの首都マドリードから。
アディダスが開発した合成皮革、Cangoran(カンゴーラン)のプロモーションから誕生。1970年代半ばにリリースされたレジャー系トレーニングシューズです。
アウトソールには「トリムトラブ」と同系の、ポリウレタン製ソールユニットを採用。

関連記事:アディダス・マドリード(adidas Madrid)

Amazonで探す

アディダス・スニーカー

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

ミタスニーカーズ(Mita Sneakers)

スキット(skit)

スポンサーリンク







スポンサーリンク