アディダス・サンバ(adidas samba)

adidas samba
adidas samba
adidas samba
アディダス・サンバ(adidas samba)image from amazon


アディダス・サンバ(adidas samba)は1950年に登場したサッカーシューズ。アディダスシューズのなかでももっとも古いモデルのひとつであり(アディダス創立は1949年8月)、全世界で3500万足以上の売り上げを誇るアディダスのロングセラー/ベストセラーモデルです。

フットボールのためのマルチパーパスブーツ(多目的ブーツ)として開発され、円形グリップゾーン仕様のアウトソールは滑りやすい地面に威力を発揮。冬期のピッチ(サッカーグラウンド)や屋内の練習用として、またインドアサッカーやフットサルシューズとしてもアスリートの足元を支えてきました。

黒を基調としたカラーリングから「ブラックトレーナー」というカテゴリーが生まれ「バンバ」や「マンバ」などの派生モデルが続々登場。グリップ性能が非常に高く機能的なデザインは「ユニバーサル」や「ミュンヘン」などのインドアシューズの原型にもなっています。

1970年代に入りイングランドのフットボールサポーターから発生したサブカルチャー「フットボール・カジュアルス」によって再解釈され、ユニフォームとしての定番シューズに。

細身でスタイリッシュなフォルムはストリートアイテムとしても絶大な支持を得る一方、スポーツシューズとしても現役であり続けるオールドスクール・スニーカーの名作です。

アディダス・サンバ 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

復刻モデル / 限定モデル


海外限定モデル

アディダス サンバ 黒(adidas samba black)


アディダス サンバ 黒(adidas samba black)
アディダス・サンバ・クラシック・サッカーシューズ・ブラック
(adidas samba classic soccer shoe black)image from amazon

アディダス・サンバ・クラシックシューズとしてリリースされている海外モデル。アウトソールにガムラバーが採用された「アディダス・サンバといえばこのフォルム」というポピュラーなデザインです。

ガムソールタイプのサンバが登場したのは1970年代以降ですが、写真のバージョンは1990年代頃のディテール(写真下)を再現。シュータンが長めなのも特徴です。

adidas samba 1992
アディダス・サンバ 1992年モデル(adidas samba 1992)image from adidas

1992年北米市場向けのアディダスサッカーカタログに掲載されたサンバ。
アッパーにフルグレインレザー、爪先部分にはスエードを使用。「スリーゾーン・ソール」と呼ばれるアウトソールのパターンやシュータンのデザインなど、前出のクラシックシューズはこのモデルが元になっていることが分かります。

マンチェスター JD スポーツ別注モデル

adidas Originals Samba Super Aluminium suede
adidas Originals Samba Super Aluminium suede
アディダス・オリジナルス・サンバ・スーパー・アルミニウム・スエード
(adidas Originals Samba Super Aluminium suede) image from www.jdsports.co.uk

イングランド、グレーター・マンチェスターを拠点とするスポーツ・ショップ「JD スポーツ・ファッション」(JD Sports Fashion plc)の別注コラボとして2014年にリリースされたサンバ・スーパー。汎用性の高い人気カラー、シルバーグレーのスエードをアッパーに採用した限定モデルです。

1962年リリースモデルを復刻

adidas samba 62 reissue model
adidas samba 62 reissue model

adidas samba 62 reissue model
アディダス・サンバ ’62 復刻モデル
(adidas samba 62 reissue model)image from amazon

2002年にリリースされた復刻モデル。(滑り止めのための)穴のあいたブルーのアウトソールや、プルストラップなど、1962年アディダスカタログに公式デビューしたビンテージ・サンバのデザイン(写真下)を元に再現されています。

adidas samba 1960s
アディダス・サンバ 1966年モデル(adidas samba 1966)image from adidas

1966年イングランド市場向けのアディダスカタログに掲載されたサンバ。1962年のカタログに登場し1967年まで採用されたデザイン。

ラスタカラー

アディダス サンバ ラスタカラー(adidas samba rasta)
アディダス・サンバ・ラスタカラー・デッドストック
(adidas samba rasta dead stock)image from wayeasy

1970年代モデルをベースにエチオピア国旗の配色(赤、緑、黄色)通称「ラスタカラー」のスリーストライプを配した2002年限定モデル。

爬虫類系サンバ

アディダス・サンバ・リザード・ネイビー(adidas samba lizard navy)
アディダス・サンバ・リザード・ネイビー
(adidas samba lizard navy)image from wayeasy

アッパーに爬虫類系の型押しレザーを使用した限定モデル。1995年に少数生産された日本製で、カラーはネイビーの他にサンドベージュ系のモデルもリリースされました。

スコットランド・ハノン別注

Adidas Samba Consortium Causal Series
Adidas Samba Consortium Causal Series
アディダス・サンバ・コンソーシアム・カジュアル・シリーズ
(Adidas Samba Consortium Causal Series)image from wayeasy

スコットランドのセレクトショップ「ハノン(Hanon)」とのコラボ企画「アディダス・コンソーシアム・カジュアル・シリーズ」より2012年にリリースされたショップ限定モデル。アッパー素材に綿100%のコーデュロイとスエードを使用したスタイリッシュな質感はアディダスのレトロ・レジャーシューズ(タバコ(Tobacco)、ハワイ(hawaii)、リビエラ(Riviera)など)を連想させます。

オリジナル・サンバ 1950


adidas samba first type
adidas samba first type
アディダス・サンバ 1950年モデル(adidas samba 1950)image from adidas

(写真上)1950年に登場したサンバの最初期バージョン。「ドイツサッカーの父」と呼ばれる元ドイツ代表のサッカー選手ゼップ・ヘルベルガー(Josef “Sepp” Herberger)の協力のもと開発されたトレーニングシューズです。

大きな特徴はそのアウトソールのデザインで、フォアベルク社製の軽量ラバーソールには円形の穴が幾つかあけられています。これは地面を踏み込んだ時に穴の中の空気が外に逃げ真空状態になり「吸盤」の役割を果たすというもの。サッカー選手が冬期のグラウンドにおいて、凍った水たまりでグリップが効くように設計されています。

(1932年よりドイツ代表のコーチに就任したゼップ・ヘルベルガーは、第二次世界大戦後の1950年、再び西ドイツ代表の監督に。ヘルベルガー率いるドイツ代表は、1954年FIFAワールドカップ スイス大会において優勝候補であったハンガリー代表を決勝戦で下し優勝しています。)

DER SPIEGEL 28/1954
ゼップ・ヘルベルガー(Josef “Sepp” Herberger) image from www.spiegel.de
1954年のワールドカップ優勝を記念してドイツのニュース週刊誌「デア・シュピーゲル誌」(Der Spiegel)7月7日号の表紙を飾るゼップ・ヘルベルガー。紙面では歴史的な試合となった優勝候補ハンガリーとの決勝戦を特集しています。



adidas samba adidas samba adidas samba
アディダス・サンバ 1950年モデル(adidas samba 1950)image from adidas

(写真上)前出のサンバと同時期に開発された1950年製。アッパーの素材は牛皮製で、ライニングは羊革を使用。ミッドカットの側面には(前出モデル同様に)旧アディダスロゴがプリントされ、こちらのバージョンにはホワイトの3ストライプスが配されています。

アウトソールは発泡ラバー製で、滑り止め用の穴は3つ。穴の配置も前出モデルと異なります。また爪先にはトウガードが装備されるなどその後のサンバのディテールが既に登場しています。

adidas samba adidas logo 1950 adidas logo 1950
アディダス 初期 ロゴ(adidas logo 1950)image from adidas
(写真上)アディダス・サンバ 1950年モデルのアッパーサイドにうっすらと残るアディダス初期のロゴマーク(左)と、1950年発行のアディダス・フットボールカタログに印刷されたアディダスロゴ。


adidas samba 1962


adidas samba 1962-1967
adidas samba 1962-1967
adidas samba 1962-1967
アディダス・サンバ 1962年モデル(adidas samba 1962)image from adidas

(写真上)ドイツ、イギリス、北米向けにフットボールシューズとして公式リリースされた(アディダスカタログに登場した)1962年モデル。西ドイツ製。1962年から1967年まで採用されたデザインです。

アッパーは撥水加工が施された牛革製で、鮮やかなブルーのアウトソールにはヘリンボーンパターンの溝が施されています。4カ所の円形の穴が開いたソールは「吸着カップ・ラバーソール」(suction-cup rubber sole)、「(青い)吸着式オリンピア・ソール」(blue suction-type Olympiasole)などとネーミングされています


adidas catalogue 1962
アディダス・カタログ ドイツ語版 1962(adidas catalogue in german 1962)image from adidas

(写真上)1962年にチリで開催されたFIFAワールドカップを記念して発行されたアディダスのフットボールカタログ。サンバがアディダスの公式シューズとしてカタログに掲載された最初期のものです。

アウトソールの機能から「アディダスの吸盤シューズ サンバ」(adidas Saugnapf schuh model samba)と紹介。
フットボール・トレーナー、ポール・オズワルド(Paul Osswald 1958年ドイツ・サッカー選手権においてアイントラハト・フランクフルトを優勝に導いたトレーナー)をフィーチャーし、サンバの性能を解説しています。

「アディダスによって開発された吸着シューズは、固い地面や氷のスポット、雪で覆われたグラウンドに最適です。」



adidas catalogue 1962
アディダス・カタログ 北米版 1962(adidas catalogue USA 1962)image from adidas
「88カ国のスポーツマンがアディダスを愛用しています」(Sportsmen of 88 nations prefer adidas)


(写真上)1962年北米向けに発行されたアディダス・ベースボール/フットボール・カタログより。サンバはアメリカでアメリカンフットボールの冬期用シューズとしてもデビューしています。「チャンピオンシップゲームで使用」という記述からサンバがトレーニングだけでなくプロ仕様のゲーム用シューズであったことがわかります。



adidas german catalogue 1966-1967
アディダス・カタログ 1966-1967年(adidas german catalogue 1966-1967)image from adidas

(写真上)1966-1967年版、西ドイツ市場向けアディダス・スポーツカタログより。サッカーシューズのページに掲載された「吸盤シューズ」サンバ。

製品説明には「どんなグラウンドでもプレイ可能にするシューズ。青い吸引式オリンピアソールが屋内だけでなく、雪や氷、ハードな極寒のグラウンドなどあらゆるコンディションに対応します。」と書かれています。

右上は1966年2月23日ロンドン・ウェンブリー・スタジアムで行われた国際試合、イングランド対西ドイツの模様(1-0でイングランド代表が勝利)。「21人の選手がアディダスを着用しています」とアピール。

その下ではドイツのサッカークラブ、ボルシア・ドルトムントの名フォアード、ローター・エメリッヒ(Lothar Emmerich)をフィーチャーしています。

adidas samba 1968


adidas samba 1968-1969
adidas samba 1968-1969
アディダス・サンバ 1968-1969年モデル(adidas samba 1968-1969)image from adidas
「地面がどんなコンディションでもプレーを可能にする吸着盤シューズ。サンバ」adidas-saugnapfschuh SAMBA The shoe which permits play to go on no matter what the condition of the ground!


(写真上)1968年のアディダスカタログでサンバはデザインを一新しています。プルストラップは白のヒールパッチに変更。爪先のトゥガードは白のラバー製に。「リップル(波紋)ソール」とネーミングされた(4つの穴のあいた)吸着盤アウトソールは、のこぎり状の溝に変更しています。

adidas samba 1971


adidas samba 1971
アディダス・サンバ 1971年モデル(adidas samba 1971)image from adidas

(写真上)1971年のアディダスカタログより。1968年にリリースされたサンバとほぼ同じデザインで掲載されています(ここではアウトソールの土踏まず部分にのこぎり状の溝が追加されています)。
柔らかく軽い素材で足を守るというコンセプトの新仕様「ソフトプロテクト」(SOFTPROTECT)搭載で、これはサッカーシューズとしては初めて採用されたパッドのこと。かかとや足首、アキレス腱の保護のために履き口周りからかかとにかけてクッション材が入っています。

ソフトプロテクトのアッパーはサッカーシューズのトップモデル「アディダス 2000」(写真下)と同じ構造で、このカタログではアディダス2000の冬期モデル/インドアモデルという位置づけでサンバを紹介しています。

adidas 2000 1971
アディダス 2000 1971年モデル(adidas 2000 1971)image from adidas

adidas samba 1972


adidas samba 1972
アディダス・サンバ 1972年モデル(adidas samba 1972)image from adidas

(写真上)1972年ドイツ市場向けのサッカーカタログに掲載されたサンバ。アウトソールはガムラバー製の「スリーゾーンソール」が採用され、現在のいわゆる「サンバらしいデザイン」がここで登場しています。

スリーゾーン・ソール(3-Zone Sole)は当時アディダスが開発したアウトソールパターンで、「ストップ」「ターン」「グリップ」に効果のあるパートがひとつの面に共有しており、特に屋内向けに特化した構造になっています。

同ソールはこのカタログで登場したトレーニングシューズ、「ユニバーサル」(Universal)と「ミュンヘン 72」(München 72)にも搭載されており、それぞれサンバの派生モデルであることがわかります。

adidas universal 1972
アディダス・ユニバーサル 1972年モデル(adidas Universal 1972)image from adidas
1972年に登場したホワイトレザーアッパーのインドアシューズ「ユニバーサル」(Universal)。反転したカラーリングはまさにサンバのホワイトバージョン。


adidas munchen 72 1972
アディダス・ミュンヘン 1972年モデル(adidas München 72)image from adidas
1972年開催のミュンヘンオリンピックを記念してリリースされたスエードモデル「ミュンヘン 72」(München 72)。「手頃な価格の多目的シューズ」(Preiswerter Mehrzweckschuh für höchste Ansprüche.)と紹介されています。


adidas 3zone outsole 1972
スリーゾーン・ソール(3-Zone Sole)image from adidas
スリーゾーン・ソールの最初期バージョン。1972年製アディダス・ユニバーサルに搭載されたもの。


adidas samba 1975


adidas soccer training shoes 1975 uk
アディダス・カタログ イングランド版 1975(adidas catalogue UK 1975)image from adidas

(写真上)1975年イングランド向けのアディダス・スポーツカタログより。

サッカー用トレーニングシューズのページにはサンバに加え、サンバをベースにした兄弟モデルともいえる派生モデルが登場しています。左よりサンバ、バンバ(Bamba)、コーチ(Coach)、キック(Kick)。

サンバ(Samba):カタログの商品説明には「雪や氷、凍結したグラウンドのための、またインドアワークのためのスペシャルモデル。」と書かれています。またここでのサンバは前出(1972年)のガムソールバージョンではなく、1966年、1971年に掲載されていたデザインと同タイプ。同時期に複数のデザインが流通していたことが分かります。

バンバ(Bamba):「アディダス・サンバのすべての技術的特徴を備えた特価バージョン。理想的なサッカートレーニングシューズです」

コーチ(Coach):「柔らかいカーフレザーとソリッドなブラックアッパー、ホワイトストライプが特徴の新しいコーチ用シューズ。新型ソールは関節損傷に対する予防効果の実績があり、1974年のリリース以来大成功を収めています。」

キック(Kick):「スプリット・レザーを使用した全天候型のトレーニングシューズです。ブラックアッパーにホワイトストライプ、爪先専用のガードと保護用ヒールウェッジ仕様で、1974年のリリース以来、非常に耐久性の高いガムラバーとコストパフォーマンスの高さが人気です」



adidas catalogue german 1975
アディダス・サンバ/バンバ 1975年バージョン(adidas samba/bamba 1975)image from adidas

(写真上)前出と同年(1975年)に発行されたドイツ市場向けのアディダス・スポーツカタログより、フットボール(FUSSBALL)コーナーに掲載されたサンバ(左)とバンバ。サンバはガムラバーのアウトソール・バージョン。バンバは1960年代後半からのサンバのデザインを受け継いでいます。

当時は黒ベースに白ストライプという配色が定番だったフットボールシューズですが、このカタログでは、黄色や赤のストライプが入った鮮やかなカラーリングが続々登場(写真下)。バンバもレッドのストライプを配しています。

adidas catalogue german 1975
アディダス・カタログ ドイツ版 1975(adidas catalogue german 1975)image from adidas
(写真上)1975年ドイツ市場向けカタログには、鮮やかなイエローやレッド・ストライプのフットボールシューズが登場。特に目を引く(上段右から2番目の)青黄のスパイクは、当時バイエルン・ミュンヘン(ドイツのプロサッカークラブ)のストライカーであったゲルト・ミュラー(Gerd Mülle)のシグネチャーモデル「ゲルト・ミュラー・ブルースター」(Gerd Müller Blue-Star)。


adidas samba 1980


adidas Black Trainers 1980
アディダス・カタログ イングランド版 1980(adidas catalogue UK 1980)image from adidas

(写真上)1980年に出版されたイングランド市場向けのアディダス・フットウエアカタログより。

サンバはフットボールやラグビーのためのトレーニングシューズ「黒のトレーナー」(Black Trainers)として掲載されています。

本カタログでは兄弟モデル「バンバ」(写真2段目右)「キック」(3段目右)に加え新たに「マンバ」(Mamba 3段目左)が登場。コーチ用シューズは「VIP」(1段目)と名前を変え登場しています。

adidas samba 1980
アディダス・サンバ 1980年モデル(adidas samba 1980)image from adidas

(写真上)前出のカタログ(1980年UKカタログ)のサンバを拡大したもの。

製品説明には「アッパーはオックスハイドレザー(牛革)、ソールはラバー製。補強ラバートウ仕様。足首周りとヒール部分にはパッドが入っています。」と書かれています。

1968年モデルのマイナーチェンジバージョンといった印象で、ヒールパッチにはトレフォイル(三つ葉マーク)が登場しています。アウトソールのパターンも変更され、グリップゾーン(凹部分)はラグビースパイク(写真下)が反転したようなレイアウトになってています。

adidas Breakaway 1980
ラグビーのアウトソール(アディダス・ブレイクアウェイ 1980年モデル)image from adidas
同カタログ(1980年UKカタログ)に掲載されたローカット・ラグビーシューズ「ブレイクアウェイ」(breakaway)のアウトソール。黄色のナイロンソールに7つのスタッズ仕様。


adidas samba 1992


adidas indoor shoes 1992 USA
アディダス・カタログ 北米版 1992(adidas catalogue USA 1992)image from adidas

(写真上)1992年版北米向けのサッカーカタログより、インドア・シューズのページ。
スタンダードモデルのサンバ(右)に加え、サンバの上位モデル「サンバK」(上段左)と新製品「トルション・ヨーロッパ」(下段左)の3モデルが掲載されています。


adidas samba 1992
アディダス・サンバ 1992年モデル(adidas samba 1992)image from adidas

(写真上)サンバはガムラバー製アウトソール・バージョン。ソールの3重丸の部分は「ピボット・ディスク」(pivot disc)という名称で「ディスクを軸に素早い回転運動を可能にするデザイン」という説明があります。


adidas samba K 1992
アディダス・サンバ K 1992年モデル(adidas samba K 1992)image from adidas

(写真上)派生モデルの「サンバK」(samba K)は、素材やデザインなどの仕様がサンバとほぼ同じ(アッパー素材にフルグレインレザー、爪先強化のためのスエード製パーツ、ピボット・ディスク搭載のインドア向けのラバーソールなど)ですが、シュータン部分にオールレザーを使用しています(サンバのシュータンは「HF tongue」という記述のみ)。


adidas Torsion Europa 1992
アディダス・トルション・ヨーロッパ 1992年モデル(adidas Torsion Europa 1992)image from adidas

(写真上)「トルション・ヨーロッパ」(Torsion Europa)は、当時の最新技術「トルション・システム」を搭載したニューモデル。アウトソールに自然なねじれ(Torsion)機能を加えた、サンバのハイテクバージョン(もしくはサッカーシューズ「ラ・プラタ・カップ」(La Plata Cup)(写真下)のインドアバージョン)といった位置づけで掲載されています。

adidas La Plata Cup
アディダス・ラ・プラタ・カップ 1992年モデル(adidas La Plata Cup 1992)image from adidas
同カタログ「スクリュー・イン・スタッド」のページに掲載されたニューモデル。前出のトルション・ヨーロッパとはアッパーのデザインがほぼ同じというほどに酷似しています。


カラー・バリエーション 1992

1992年アディダスカタログから。

adidas Samba Classic 1992
adidas Samba Classic 1992
アディダス・サンバクラシック

アディダスのオリジナル。

クラシック・サンバ90年代モデルは
世界中ほぼすべての本格派サッカー選手が着用する
ブラック&ホワイトのオリジナルシューズからのインスパイア。

アッパー:ソフトなフルグレインレザーのアッパー、またはワックス処理されたフルグレインレザー
起毛ナイロンのライニング
クロムレザーのインレイ・ソールが快適性を追求。

3ゾーン・プロフィールを型どった天然ラバーのシェル・ソールが
最大のグリップ性と耐久性を実現しています。

1992年北米国内向けに発行された
アディダス・フットウェア・カタログ1992年春夏版より。

スエード / カラーレザーをアッパーに配したバリエーション・モデルが新色として登場。
サンバをサッカーシューズとしてはもちろん
カジュアルなレジャーモデルとしても提案しています。

adidas Samba Classic 1992
* Oakwood/White

adidas Samba Classic 1992
* Ocean/Black

adidas Samba Classic 1992
* Pewter/Black

ベビー・サンバ 1991

1991年フランス国内向けに発行されたカタログ
「アディダス・シューズ1991-92年秋冬カタログ」より。

Samba Classic baby 1991-1992
Samba Classic baby 1991-1992
サンバ・クラシック

古典的な様式、製法。アッパー素材にはスエードと、ポリウレタン・コーティングを施したレザーを採用。ベビー用シルエット。半透明ラバーソール。

カラーブラック / ホワイト

via. www.adidas.com

Amazonで探す

アディダス・サンバ(adidas samba)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahooショッピング

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク