アディダス・アキル(adidas Achill)

adidas Achill (reissue)

adidas Achill (reissue)
via Triads


1960年代後半に登場したトレーニングシューズ。

ブルースウェードのアッパーに、厚手のヒール・ウェッジ(くさび型のミッドソール)が特徴で、同時期にリリースされた「SL 72」のベースとなったモデル。

いわゆるランニングシューズの元祖のひとつで、その後のアディダスの長距離用シューズ、ジョギングシューズの雛形となったモデルです。


アディダス・アキル 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

厚手のヒール・ウェッジを採用した「元祖ランニングシューズ」

adidas Achill and early running shoes

「ランニングシューズの歴史はアディダス・アキルから始まった」
via Runner’s World


モデル名「Achill」の由来は「アキレス腱」から。

トレーニングの際に、アキレス腱にかかる衝撃を軽減するために開発されたモデルで、厚手のウェッジ(「くさび形」の意味で、かかと側のミッドソールが爪先側より厚い)を採用したことで、長距離用シューズとして活躍。

「アキルは1970年代以降の、ランニングシューズのベースとなったモデルである」と、ランニング情報誌「ランナーズワールド」の記事では断言しています。

Laufschuh-Geschichte : Runner’s World

中央ヨーロッパでジョギング・ブームが始まるずっと前。

さかのぼること1968年にアディダスは(当時の)新作モデル「アキル」を発表。

「アキル」のリリースは、初期ランニングシューズの発展にとって画期的な出来事となりました。

ほとんどのランナーはそれまで、「ローマ」(1960年)や「ガゼル」など、標準的なスポーツシューズでランニングしていました。

しかし「アキル」は、かなりソフトで柔らかいミッドソールを搭載。
アッパーはガゼル・レザー製で、レースアップ部分にはすでに「ギリー環」を装備。アウトソールには、のこぎり状の「ソー・プロファイル」を採用していました。

さらに翌年の1969年には、衝撃を減らすための仕様「ヒールウェッジ」を導入。前足側よりもヒール下の素材を厚く、かかとを高くすることで衝撃を緩和するというものです。

多くのランナーは従来のシューズのデザインに対して、アキレス腱に痛みが起こることに不満をもっていました。

しかし「アキル」が足への振動を減らすという点においては、飛躍的な進歩でした。

発売当時のカタログ(1972年にイギリス国内向けに発行されたカタログ)では、「アキル」がランニングに特化したトレーニングシューズの新型モデルとして、大きくフィーチャーされています。

adidas UK catalog (1972)

adidas UK catalog (1972)
via adidas


スーパーライトブルーのベロアをアッパーに使用した、素晴らしいトレーニングシューズのニューモデル。

アキレス腱にかかる負担を和らげるために、すべての優れた技術を導入しています。

丈夫でグリップ性能の高い「トレッド・ソール」は、厚手のヒール・ウェッジをしっかりと包み、ランニング中に優れたクッション性を発揮します。

ナイロン製のヒール・カップを搭載し、足首のねじれや踵のずれを防止。

タンには発泡素材が採用され、足にぴったりフィットします。
非常に魅力的な価格です。

西ドイツ製オリジナル・デッドストック

ドイツ・ハンブルクでビンテージスニーカーとアパレルを販売するVintage Galleryさんのインスタから。1970年代のアディダス・アキル。


西ドイツ製の未使用品(new old stock)で箱有りが2点。どちらも状態の素晴らしい美品です。


復刻モデル

2011年にアディダス・オリジナルスから元祖ランニングシューズとしてリリースされた復刻モデル。

adidas Originals Achill Blue (2011)

adidas Originals Achill Blue (2011)
via Triads


イングランド・ミドルズブラの人気セレクトショップ「Triads」の解説によると、「アキル」はその後登場したアディダスのランニングシューズすべての生みの親であり、SL72が登場するまで現役モデルであった(正確にはSL80がリリースされるまで現役だった)と書かれています。

オリジナル・リリースは1968年。

アディダスのランニングシューズはすべて「アキル」から始まりました。

超軽量でスリムなスタイルで、ジョガーとランナーが必要とする快適さと安定感を提供。

「SL72」がリリースされたときにアキルは生産をやめ、今日までアディダスの歴史のひとつとして眠っていました。

2011年、このランニングシューズの古典は、オリジナルの配色で復活。

アッパーには柔らかいスウェード、ストライプはレザー製、そしてヒールタブをフィーチャー。快適さのために厚手のミッドソールを採用しています。

adidas Originals Achill Blue (2011)

via Triads


adidas Originals Achill Blue (2011)

via Triads


adidas Originals Achill Blue (2011)

via Triads



Amazonで探す

アディダス・アキル(adidas Achill)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

ミタスニーカーズ(Mita Sneakers)

スキット(skit)

スポンサーリンク







スポンサーリンク