スポンサーリンク
feature

ルーツはサッカーシューズ。歴代アディダス・サンバを振り返る

3本線を配したシューズとしては最古のモデルであり、ストリートで着用できるサッカーシューズとして再評価されたスニーカー・クラシックス。その歴代モデルを振り返ります。
adidas

アディダス・タバコ(adidas Tobacco)

1970年代初頭にリリースされたレジャーシューズの古典。島系スニーカーの中でも特に人気の名作モデルです。
adidas

アディダス SL 80 (adidas SL 80)

1980年にモスクワで開催された夏季オリンピックに向けて開発されたトレーニングシューズ。「SL」シリーズの80年代バージョンです。
adidas

アディダス・コロンビア(adidas Columbia)

「バリオ・システム」を搭載。1980年代初頭に登場し、イングランド・サッカーファンに愛されたレジャー系トレーニングシューズの隠れた名作。
adidas

アディダス・エルエー・トレーナー(adidas LA Trainer)

ロス五輪にむけて1980年代初頭に登場した軽量ランニングシューズ。オリジナルモデルはミッドソールの3色ピンを差し替えることでクッショニングをカスタムできました。
adidas

アディダス・ゼットエックス 500(adidas ZX 500)

1980年代始めにトレイルランニングシューズとして誕生。長時間快適に安定して走るため、人体工学に基づいたデザインを採用したトップモデル。
feature

ACGの名作「オクワン 2」が復活。

ロッククライミング+スニーカーのハイブリッド・シューズが復活。
ブランド

アディダス・スペツィアル(adidas Spezial)

アディダスの膨大な歴史資料からのインスパイアをもとに、新しいスタイルを提示するハイブリッドライン。
Nike

ナイキ・ポケットナイフ(Nike Pocket Knife)

1998年に登場のアウトドアシューズ。キャンピングナイフの様に折りたたんでバックパックに携帯。ベースキャンプなどで着用するために開発されたモデルです。
feature

初期ACGはいかにして生まれたのか – スティーブ・マクドナルド氏のインタビューより。

ソールコレクター経由で話題になったインタビュー。ナイキACGの発足メンバーで数々の名作を生み出した、スティーブ・マクドナルド氏がドイツのスニーカーサイトで答えた初期ACG誕生秘話。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました