ナイキ・エアスーパードーム(Nike Air Superdome)

Nike Air Superdome

Nike Air Superdome



ナイキ・エアスーパードーム(Nike Air Superdome)は1990年代初頭に登場、フルレングス・エアを搭載した軽量トレッキングシューズ。

1990sテイストのポップなネオンカラーが目を引く、個性的なアッパーは完全防水仕様。オリジナル・スーパードームには高機能素材ゴアテックス・ブーティが採用されていました。

ナイキ・エアスーパードーム新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

オリジナル。1990年製エアスーパードーム

カナダ・オリリア在住。Etsyで1990年代の古着屋やスニーカーなどのビンテージアイテムを販売するFleecenStuffさんのコレクションより。1990年代初頭に発売されたエアスーパードームのファーストモデル。

Nike Air Superdome ACG original 1st (1990s)

Nike Air Superdome ACG original 1st (1990s)
via. FleecenStuff/etsy


箱の有無は記述されていませんが、使用感が全く無く綺麗に保存されています。

ピンクとブルーの個性的な配色もキープしており、アウトソールの摩耗も無い完璧なデッドストックです。

Nike Air Superdome ACG original 1st (1990s)

via. FleecenStuff/etsy


サイズはUSメンズ 9、中国製。

Nike Air Superdome ACG original 1st (1990s)

via. FleecenStuff/etsy


「ハイク・ナイキ・ニューヨーク」の展示された、
1990年製エアスーパードーム

こちらは、ナイキの期間限定ショップに展示されたナイキ・エアスーパードームの1stオリジナル。

ニューヨークを拠点とするブランド「ステイプル・デザイン」を率いるジェフ・ステイプル氏のインスタより。

ナイキラボACGのホリデーモデルを記念して2015年ニューヨーク・バワリーに登場したポップアップショップでは「ハイキング」をテーマに過去の名作モデルを展示。1990年代初頭のクラシックモデルとして、エアモワブエアテラといったカルトな名作と共にエアスーパードームが選ばれています。

HIKE NIKE NYC ACG (2015)

HIKE NIKE NYC ACG (2015)
via. satis&fy USA


発売当時のカタログから

エアスーパードームは雨天や雪山などに対応する、全天候型トレッキングシューズとして1990年に登場。

Nike Air Superdome ACG

Nike Air Superdome ACG
via. Nike ACG catalog (1990)


エアスーパードームACG

フルレングス、ナイキ・エアソール・ユニット
ゴアテックス・ブーティ
3/4レングスのタックボード
スチール製の補強芯材
ポリウレタン製のフットフレーム
ソリッドラバー・アウトソール
サポートストラップ「Riteflex」

発汗の際の水蒸気を排出し、水の浸入を防ぐハイテク素材「ゴアテックス・ブーティ」を採用し、ソールにはフルレングスのエアソールを搭載。

インパクトのある蛍光系の配色は、1980年代後半から90年代初頭にかけてのナイキ・アウトドアの「ベーシックカラー」です。

All Conditions Gear (1989)

参照:色鮮やかな当時のナイキACGの広告。
ACG Magazine Advertisement (1989)


「ガリッシュな配色は好みが別れる」「高防水、高性能」
当時のレビュー記事より。

北米のアウトドア情報誌「バックパッカー・マガジン」1992年5月号から。

the Waterproof Boot Test by Backpacker (1992)

バックパッカーマガジン 1992年5月号「防水ブーツ・テスト特集」
via. Backpacker


「本物のバックカントリーのための本物のブーツ」と題し、防水テストを中心に各ブランドのアウトドアブーツの性能をレビュー。

ハイテック・ダボスやアゾロ AFX 570、メレル・ブレーザー GTX、アディダスのトレッカーなどベーシックなデザインのブーツが並ぶ中、蛍光ピンクのエアスーパードームは確かにインパクトがあります。

レビューでは「ガリッシュ」(けばけばしい)という厳しい意見も。

美的観点から言うと、ストライプに使用された赤紫色のネオンカラーや、ブーツ・トップ部分から2インチ飛び出したホットピンクのシュータンに関しては、どちらも、我がクルーは関心を示しませんでした。

また機能的な面でも、タン部分がロート状に反り返り、ブーツの中に石が入りやすいなど気に入らない所はあります。

the Waterproof Boot Test by Backpacker (1992)

ナイキ・エアスーパードーム ACG
via. Backpacker


それでも、高いトラクション性能のラバーソールや、ボリューム感のあるポリウレタン製のランド、アッパーを覆う斬新なナイロン製ケージなどによる安定性の高さを考慮すると、このブーツを高く評価せざるを得ません。

見た目の印象の、いくつかの小さな欠点にかかわらず、ナイキは優れたパフォーマンスを示しました。

the Waterproof Boot Test by Backpacker (1992)

「軽量防水ブーツテスト」
via. Backpacker


ゴアテックス製のブーティは、ドライ感をかなりキープ。
シューズトップ部には着用時に必須となるレースフックを装備しています。

また、どうしてもレザー素材だとダメージが大きくなりがちな、トウボックス周りにはワイドな「ランド」が装備されています。

特に点数の良かったのはソールの評価で5点満点中4.5点。安定感と防水性は4点と高得点をゲットしていますが、アッパーデザインは3点という結果に。1992年のバックパッカー達には「登山にピンク」は早すぎたようです。

the Waterproof Boot Test by Backpacker (1992)

via. Backpacker


高評価:トラクション性能の高いソール、ドライ・ゴアテックス製ライナー
低評価:けばけばしい(ガリッシュな)配色、レースフックが弱い

初期ACGの隠れた名作。
エアスーパードーム

ニューヨーク発のカルチャーメディア「ハイスノビエティ
2014年6月に特集された「ナイキACG・歴代トップ25」という企画記事から。

Top 25 ACG Models of all time

ナイキ・プーバーは一番下の列の中央。
Top 25 ACG Models of all time
via. highsnobiety.com


The 25 Best Nike ACG Models of All Time : highsnobiety.com

ナイキのアウトドア・カテゴリ「ACG」から、歴史に残る名作トップ25モデルを選出という魅力的なこの企画。
ここではエクストリームなトレッキングシューズの古典としてエアスーパードームを選出しています。

「選考委員長」は、スニーカーの歴史研究家で、スニーカーライターとして知られるゲイリー・ワーネット氏。今は亡きロンドン発の伝説のスニーカー・プロジェクト「クルックド・タンズ」の元メンバーとしても知られる人物です。

イラストレーションは、スニーカーを題材としたアートワークで知られるダン・フリーバーン氏によるもの。2007年に登場したマックスエアバージョンを元に描かれています。

Nike Air Superdome (1991)

Nike Air Superdome (1991)
via. Dan Freebairn/highsnobiety.com


1991年に価格225ドルで登場。ナイキ・エアスーパードームは、非常に高価なシューズでした。

2014年の人々でも「うなる」値段ですが、信じられないことにそれは23年前の値札ということです。

その仕様は、

  • フルレングスのナイキエア
  • ゴアテックス製ライニング
  • カゴ状のサポート・ストラップ
  • 全て防水仕様
  • 保護性の高いミッドソール
配色も含め、ナイキ・バルトロのアップデートバージョンといった印象であり、サイズ感という点については、ナイキ・ラバドームが持つコンセプトへの最終結論なのでしょう。

Nike Baltoro High (1990)

参照:ナイキ・バルトロ・ハイ(1990)


確かに2000年代初頭にゴアドームという人気ブーツがリリースされましたが、こちらはトレイル用としてではなくストリートアイテムとして火がついたモデル。
一方、スーパードームは極限状態のオフロード向けに開発されました。

Nike ACG Air Max Goadome (2007)

参照:エアマックス・ゴアドーム(2007年製)
via. inshoeswetrust/ebay


2007年スーパードームはゴアドーム・タイプのソールユニットを装備しアップデート。予期せぬレトロモデルとしてリリースされています。

マックス・エアを搭載した復刻モデル。


2007年の秋冬コレクションとして突如登場したスーパードーム。エアマックスのソールシステムを新たに搭載し、海外限定リリースされた復刻モデルです。

Nike Air Max Superdome (2007)

Nike Air Max Superdome (2007)
via. gettry


アクセントに蛍光系のピンクやブルーを配するなどオリジナルのデザインを再現。ソール部分の「窓」の付いたビジブル(見える)エアはもともとあったような違和感無いアレンジで、タウンユースでの汎用性をプラスしています。

Nike Air Max Superdome (2007)

via. gettry


Nike Air Max Superdome (2007)

via. gettry


国内では、gettryskitなどのセレクトショップで販売されました。

Nike Air Max Superdome (2007)

via. gettry



Amazonで探す

ナイキ・エアスーパードーム(Nike Air Superdome)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド


Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スニーカーショップ・スキット(skit)

ナイキ公式オンラインストア(Nike.com)

スポンサーリンク







スポンサーリンク