プーマ・トウキョウ(Puma #275 “Tokyo”)

Puma #275 Tokyo
プーマ #275 トウキョウ(Puma #275 “Tokyo”)
image from puma


「#275」は1960年代初頭、トラック競技用のスパイク・シューズとして開発されたモデル。

1964年に東京で開催された夏期オリンピックを記念して「Tokyo」とネーミングされています。

プーマ・スニーカー 新作・新色コレクション(amazon)

当時の広告から

Puma Tokyo
Puma #275 Tokyo
Puma 1960s ad print “Puma #275 Tokyo” image from puma

1964年頃のスポーツ雑誌に掲載されたプーマの広告。ニューモデルとして「プーマ・トウキョウ」をプロモーションしています。

広告中央にあるホワイトレザーのシューズが「トウキョウ」。その下にあるモデルは次回作、1968年のメキシコシティ・オリンピックを記念して開発されたトラックシューズ「プーマ・メキシコ」です。

商品説明より。

トラックシューズを購入する前に裏返して靴の底の部分や内側、外側を調べて見てください。

シューズの最も重要なパーツは、足とトラックの間のエリアです。

プーマ・トラックシューズ「#275」は

柔軟性が高く耐久保証の「プーマロン・ナイロン」をソールに採用。

組み立て式の金属製スパイクは取り外し可能で、他のタイプのトラックシューズに使用可能です。

プーマの先鋭技術が生んだ整形外科仕様のラスト(靴型)は第2の皮膚のようにフィットします。

踵の骨を守るプロテクターは特許取得済み、あざを防止します。

超軽量なホワイト・カンガルー・レザーはソフトで快適です。


Puma #275 Tokyo
Puma #275 Tokyo
プーマ #275 トウキョウ(Puma #275 “Tokyo”)
image from puma



プーマ・スニーカー 新作・新色コレクション(amazon)

スポンサーリンク







スポンサーリンク