ナイキ・プーバー(Nike Pooh-Bah)

Nike Pooh-Bah (1993)

Nike Pooh-Bah (1993)


ナイキ・プーバーは1993年の登場のアウトドア系サイクリングシューズ。

MTB、オフロードライドに特化したデザインは、スエードとテキスタイルを組み合わせた90年代ACGな質感が特徴。アウトソールにあるパッドをはずすとクリート取り付け可能で、ビンディングペダルに対応しました。オールドMTBファンにはカルト的な人気を持つ隠れた名作です。

ナイキ・プーバー新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

オリジナル・ビンテージ
ファーストバージョン

ウィスコンシン州ミルウォーキーに住むAndrewさんのコレクションから。
グリーンのスウッシュが鮮やかな最初期バージョンです。


ナイキ・プーバーはオフロード系のサイクリングシューズとして登場。

特徴的なストラップは、前年1992年リリースのバスケットボールシューズ「エアレイド」のデザインを活用しています。

Nike Air Raid

Nike Air Raid
via. Nike.com



マルチカラーで編まれたアッパーは現在のニット系シューズの元祖とも言える質感で、ダークな色調+蛍光系原色の組み合せはまさに初期ACGのカラーリング。ベルクロ仕様のストラップにはアメコミ調のフォントでPOOH-BAHの文字が入ります。

Nike Pooh Bah

via. Andrew/flickr


さらにその右側に注目。
一番右のHの文字の隣には「!」にも兼用できるようにデザインされた、不思議な形のマークがついています。

Pooh-Bah Logo

Pooh-Bah Logo
via. Andrew/flickr


万博記念公園の太陽の塔にも似ていますが、おそらくこれは「バッファローの角付き帽子」を象形化したもの。「フリントストーン」へのオマージュでしょう。下から矢印で「コレコレ」と指しています。

石器時代を舞台としたアメリカのテレビアニメ「フリントストーン」では、主人公フレッドが秘密結社「the Loyal Order of Water Buffaloes」に参加。ユニフォームは水牛の角のついた帽子で、その中の一番偉い位を「Grand Pooh-bah」と呼んでいます。

grand pooh-bah

Grand Pooh-bah
via. Hanna-Barbera



このプーバーの持ち主であるAndrewさんのflickrコメント欄には、ナイキ・プーバーが1990年代初頭リリースであること。プーバーを設計したのは、ラバドームと軽量ハイキングカテゴリーを生んだデザイナー、トリップ・アレン氏である。などの指摘があります。

関連記事:ナイキ・ラバドーム(Nike Lava Dome)

Nike Pooh Bah

via. Andrew/flickr


アウトソールにはグリーンのナイキロゴが。クリート(ペダルとシューズを固定するための金具)が取り付けられています。サイズはUS11.5 /EU45.5 台湾製

未使用ビンテージ。
ファーストモデル

Retrobikeに出品された未使用のナイキ・プーバー。イタリア在住alasaさんのコレクションから。

Nike Pooh-bah (never used)

Nike Pooh-bah (never used)
via. alasa/retrobike


こちらのモデルはどちらも奇跡の未使用。発売当初の状態をキープしています。

注目すべきはアウトソールに着いている真っ赤なパッド。このパッドをはずしてクリートを装着する仕様になっていました。

Nike Pooh-bah (never used)

via. alasa/retrobike


スウッシュとアウトソールのナイキロゴ、インソールに蛍光系のグリーンがアクセントになっています。

Nike Pooh-bah (never used)

via. alasa/retrobike


セカンドモデル。
1995年製プーバー

ebayにコレクターズアイテムを出品するアメリカ人johnbuckleyさんのコレクションから、1995年製のナイキ・プーバー

Nike Pooh Bah ACG Mountain Bike Cycling Shoes (1995)

Nike Pooh Bah ACG Mountain Bike Cycling Shoes (1995)
via. johnbuckley/ebay


ファーストと比較すると素材やカラーリングなど変更が見られます。

アッパーはベーシックなキャンバス地に変わり、差し色も落ち着いた印象に。さらにファーストモデルには無かった「三角形のACGロゴ」がヒールサイド部分とアウトソールに付いています。

Nike Pooh Bah ACG Mountain Bike Cycling Shoes (1995)

via. johnbuckley/ebay


Nike Pooh Bah ACG Mountain Bike Cycling Shoes (1995)

via. johnbuckley/ebay


アウトソールのパッドは外され、シマノ製のクリートが取り付けられています。

Nike Pooh Bah ACG Mountain Bike Cycling Shoes (1995)

via. johnbuckley/ebay


サイズはUS Men’s 7.5 EU 40.5

Nike Pooh Bah ACG Mountain Bike Cycling Shoes (1995)

via. johnbuckley/ebay


未使用。
1996年製プーバー

こちらもセカンドモデルですが、未使用のデッドストック、箱有り!

ebayにビンテージアイテムを出品するアメリカの方sandie62653さんのコレクションから。

Nike Pooh-Bah Tu Cycle Shoes (1996)

Nike Pooh-Bah Tu Cycle Shoes (1996)
via. sandie62653/ebay


こちらもヒールサイド部分にオレンジの三角ACGのマークが刺繍されています。

Nike Pooh-Bah Tu Cycle Shoes (1996)

via. sandie62653/ebay


未使用なのでアウトソールの初期設定がよくわかります。こちらはクリート装着部分のカバーを六角棒レンチ的な金具で外すタイプです。

Nike Pooh-Bah Tu Cycle Shoes (1996)

via. sandie62653/ebay


カラーは、Black/vintage Green-Cocoa
サイズはUS 8 EUR 41 中国製。

Nike Pooh-Bah Tu Cycle Shoes (1996)

via. sandie62653/ebay


箱のデザインから翌年1996年以降のモデルと思われます。

Nike Pooh-Bah Tu Cycle Shoes (1996)

via. sandie62653/ebay


発売当時の雑誌広告から。

老舗アウトドア情報誌「バックパッカー・マガジン」1995年4月号に掲載されたナイキACGの広告から。

MTBライダーの写真を大胆な構図で切り取り、自転車用シューズの新製品「プーバー」を大きくプロモーションしています。

Nike Pooh-Bah ACG

Nike Pooh-Bah ACG Biking Shoe
Magazine Advertisement (1995)


広告ではプーバーの性能の高さを紹介し、さらに写真のプーバー様が私たちに語りかけているかの体で、自然との接し方を注意喚起しています。

「私たちは大聖堂や美術館、寝室やその他の聖域に、自転車に乗って入っていくようなことはしません。
それと同じように森林や山や砂漠の渓谷と接しましょう。」

これは自転車用シューズ「プーバー」のお言葉です。

クリップレスペダルとの互換性があり、クッション性の高いEVAヒールウェッジ、そしてミッドソールのシャンクは頑丈なサーモプラスチック製。

こういった仕様は、プーバーがこのジャンルの中で最もすぐれている理由です。

Nike Pooh-Bah ACG

Nike Pooh-Bah ACG


「プーバー」という名前の由来

「pooh-bah」という単語は名詞として英和辞典に載っています。

weblioによると

一度に多くの役職を兼ねる人、尊大で無能な役職兼務者
[The Mikado の登場人物から]

とあります。

さらに、この「The Mikado」を調べると

『ミカド』 (The Mikado、or、The Town of Titipu ) は、ウィリアム・S・ギルバート脚本、アーサー・サリヴァン作曲による二幕物のコミック・オペラ。

ということです。

ミカド」は1885年ロンドンのサヴォイ劇場で初演された喜歌劇の古典。

物語の核は当時のイギリスの上流階級や支配階級への風刺ですが、遠い異国、日本の「Titipu」を舞台にすることでオブラートに包んでいます。

主人公のひとりであるプーバー(またはグランド・プーバー)は、財務大臣や主席裁判官、軍の最高指揮官、市長など高位の役職をほぼ持っているが、死刑執行だけはしない(やりたくない)という役どころ。

Vintage cigarette card "MIKADO"

ジョン・プレイヤー社製のシガレットカードに印刷されたMIKADOのキャラクター達。左上が「プーバー」。
via. inthouseofcards/ebay


ロンドンでは人気の超ロングランな演目である反面、アメリカでは「イエローフェイス問題」で炎上し、講演キャンセルとなるなど、現在ではなかなかデリケートな作品です。

アニメ「フリントストーン」に登場する「偉い地位」も、TVドラマ「ハッピーデイズ」でグランド・プーバーになったリッチーのお父さんも、ミカドのキャラクターが元になっているということです。

Howard Cunningham

ソーシャルグループ「レオパード・ロッジ」に参加するお父さん。そこで後にグランド・プーバーになる。
Happy Days (1974-1984) via. ABC



また、ヒップホップ界でグランド・プーバを名乗るのは、1990年デビューの重鎮グループ「ブランド・ヌビアン」のフロントマンで本名、マックスウェル・ディクソン氏。

1990年代のステージではナイキを愛用したグランド・プーバですが、MTBシューズ「プーバー」とのネーミングの関係性は無いとスニーカー研究家のゲイリー・ワーネット氏が指摘しています。

Grand Puba on In Living Color

Grand Puba on In Living Color
via. 20th Century Fox TV


当時の人気TV番組「イン・リヴィング・カラー」に出演のグランド・プーバ(1992年)。ファーストアルバム「リール・トゥ・リール」のプロモーションのため、USラップチャート1位に輝いたシングルカット曲「360 Degrees (What Goes Around)」をパフォーマンスしています。

Grand Puba on In Living Color

Grand Puba on In Living Color
via. 20th Century Fox TV


ラルフローレンのマウンテンパーカーに、ナイキ・エアリバデルチを合わせた、90sアウトドアなコーディネート。


「歴代名作トップ25モデル」に輝く
名作ナイキ・プーバー

ニューヨーク発のカルチャーメディア「ハイスノビエティ
2014年6月に特集された「ナイキACG・歴代トップ25」という企画記事から。

Top 25 ACG Models of all time

ナイキ・プーバーは上から1段目、右から2番目のモデル。
Top 25 ACG Models of all time
via. highsnobiety.com


The 25 Best Nike ACG Models of All Time : highsnobiety.com

ナイキのアウトドア・カテゴリ「ACG」から、歴史に残る名作トップ25モデルを選出という魅力的なこの企画。
ここではサイクリングシューズの異色モデルとして、ナイキ・プーバーを選出しています。

「選考委員長」は、スニーカーの歴史研究家で、スニーカーライターとして知られるゲイリー・ワーネット氏。今は亡きロンドン発の伝説のスニーカー・プロジェクト「クルックド・タンズ」の元メンバーとしても知られる人物です。

Nike Pooh-Bah (1993)

Nike Pooh-Bah (1993)
via. highsnobiety.com


ナイキ・プーバー(1993年)

「プーバー」という名前は、エアリバデルチをステージで着用していたラッパーとは何の関係もありません。

このモデル、実はサイクリングシューズですが、1990年代初頭のACGが持つ美学に溢れています。

アウトソールにあるパッドを外すことで表れるプラスチック製シャンク「C.O.R.P.Sゾーン」はさまざまなペダルシステムに対応。

その奇異なデザインは、エアレイドとナイキのハイキングシューズを合体したようです。

「オール・コンディション・ギア」カテゴリーからは、いくつか協力なマウンテンバイク・シューズがリリースされましたが、プーバーはその中で最も記憶に残るモデルのひとつでした。


Amazonで探す

ナイキ・プーバー(Nike Pooh-Bah)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド


Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スニーカーショップ・スキット(skit)

ナイキ公式オンラインストア(Nike.com)

スポンサーリンク







スポンサーリンク