アディダス・グレンバック・スペツィアル(adidas Glenbuck SPZL)

adidas Glenbuck SPZL (2018)

adidas Glenbuck SPZL (2018)
via. adidas


アディダス・グレンバック SPZL(スペツィアル)は、温故知新ライン「SPEZIAL」から、2018年春夏モデルとしてリリースされたレトロタイプの軽量ランニングシューズ。

歴史に埋もれたレアな「ウエブ」スニーカーをベースに、アップデートを施したハイブリッドな復刻モデルです。

アディダス・グレンバック SPZL 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

モデル名不明の80sスニーカーを復刻し、
ビル・シャンクリー氏由来の地名を命名。

1988年にイギリスで発生したレイブ・ムーブメント「セカンド・サマー・オブ・ラブ」。

その誕生30周年を記念して、アディダスのスペシャルライン「SPEZIAL」では、2018年春夏のコレクションテーマとして、そこから派生したキーワードをモチーフとしてアパレルやシューズに落としこんでいます。

今作「アディダス・グレンバック SPZL」のキーワードは「ウェブ・シューズ」「ビル・シャンクリー」「パステル・カラー」。

adidas Glenbuck SPZL (2018)

adidas Glenbuck SPZL (2018)
via. adidas


クラブDJが歴史に埋もれたレア音源を発掘し、新たな価値観を生み出すように、忘れ去られた1980年代のスニーカーに光を当て、リマスター、リミックス作業を行っています。

ベースになったスニーカーは、デザインを手掛けたアディダス・チームのゲイリー・アスプデン氏さえも「名前は分からない」という、1980年代のレアなランニングシューズ。

unknown adidas OG running shoe and adidas Glenbuck SPZL

「モデル名不明」のアディダス・ランニングシューズ(手前)と、グレンバック SPZL
via. end./adidas


ミッドソールにクッショニングとして、ナイロン繊維の網の目を添加した「ウエブ」を搭載していることから、1980年代半ばにリリースされたものであることは判明しています。

復刻モデル名「グレンバック」の由来はスコットランド・イースト・エアシャーにある小さな村「Glenbuck」から。

グレンバック生まれのイングランド・サッカー界のレジェンド。リヴァプールFCを強豪チームへと育てた、ビル・シャンクリー監督にこのモデルを捧げています。

@gary.aspdenがシェアした投稿

ゲイリー・アスプデン氏のインスタより。アディダスのトラックスーツを着用したビル・シャンクリー監督と、(ゲイリー氏の)旧友アンドリュー君のツーショット。

さらにそのヒントとして、シューズの内側にはビル・シャンクリー氏の誕生日(1913年9月2日)の数字が暗号のようにプリントされています(アディダスの公式サイトでは「ビル・シャンクリーの誕生日をライナーにプリント」と紹介していますが)。


ソールとアッパーの間の「へり」を再現

デザイナーのゲイリー・アスプデン氏によると、今回の復刻で特にこだわったのが、オーバーサイズのミッドソール。

靴のフォルムに対してあえて大きめなソールを接着することで、はみだした「へり」の部分が1980年代っぽい、というもの。

lip,ledge

「へり」大きめなミッドソールとアッパーのバランスが生んだでっぱり。
vi. adidas


インタビューでは「唇」と同じ単語の「lip」と表現しています。

1:37あたりから「アディダス・グレンバック SPZL」の説明です。


私たちのアシッドハウス体験を語る時に、アディダスのランニングシューズの存在をなくして、そのストーリーを語るのは不可能です。

一晩中ダンスに出かけるためのシューズとしては、まさに最適だったからです。

An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


このモデルは、おそらく1988年よりも前、1980年代半ばにリリースされたモデルだと思います。

そして特に、この靴について興味深いと思ったのは、ここの「へり」の部分。

An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


今回の復刻ではこの部分を反映することができました。

この「へり」(lip)に関して、とても面白いストーリーがあります。

1980年代は「アディダス・オレゴン」や「アディダス・ウェブ」のような、「ウェブ」を搭載したシューズがたくさん誕生しました。

参照:「ウェブ搭載シューズ」

adidas Oregon (1986)

adidas Oregon (1986)
via. adidas


adidas The Web (1985)

adidas The Web (1985)
via. adidas


An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


そういったモデルに、この「へり」があるのを時々見かけることがあるでしょう。

An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


その理由は、アディダスが80年代に「グループ化」され、そのもとで靴を製造していたことによるもの。

多くの靴が異なる国のライセンスのもと作られ、製造プロセスのコストを節約するために、金型を最小限に絞りました。

「サイズ8」の金型を「7」と「7.5」と「8」に使用する、といったように。

An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


その結果として、

あなたが「サイズ7」の靴を買った場合、ソールは「サイズ8」のものを採用しているため、こういう隙間となって、靴の端の周りに出っ張りができた、ということです。

An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


この仕様が再現されたことは、いままでアーカイブ復刻されたシューズのなかで、一度も見たことがありません。

私はこのちょっとした「クセ」を再現してみたかったのです。

美観とコスト削減を両立させており、なにより本当に美しいと思います。


最終的には「サイズごとにアウトソールがハーフサイズ大きめになるように工場にお願いした」と別のインタビューでは語っています。

この「へり」ができたことによって結果的に、クッション・ウエブの繊維がミッドソールのサイド側だけでなく、ミッドソール全体を「包み込んでいる」構造になっているということを、この隙間から見ることができます。

@gary.aspdenがシェアした投稿

それは、当時のストーリーを語る上で、ランニングシューズが重要な部分を占めているという、そのリアルな雰囲気を、この靴に与えていると思います。

adidas Glenbuck SPZL (2018)

adidas Glenbuck SPZL
via. adidas


1980年代「トルション」の配色を落とし込んだセカンドカラー

セカンドカラーは同時リリースのトレーニングシューズ「パディアム・SPZL」と同様に、トレンドカラー、ジェイド(ヒスイ)グリーンをフィーチャー。

An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


さらに、ピンクやグレーなどの指し色は1980年代のランニングシューズからのサンプリングということです。

デザインチームのリーダー、ゲイリー・アスプデン氏のインタビューでは、少年の頃の自分を投影したという、このセカンドカラーを愛情を込めて「Bad Boy」と呼んでいます。

この「バッド・ボーイ」は、もうひとつのカラーバージョン。
私たちは2種類のカラーバリエーションでリリースしたいと決めていました。

adidas Glenbuck SPZL "Bad Boy" colourway with Gary Aspden

adidas Glenbuck SPZL “Bad Boy” colourway with Gary Aspden
via. end./adidas


こちらの配色のコンセプトとして、1980年代に発売された「トルション」的な様式美へオマージュを込めています。

参照:アディダス・トルション ZX 5020 C(1989年)

adidas Torsion ZX 5020 C (1989)

adidas Torsion ZX 5020 C (1989)
via. adidas


私が当時履いていた、レディース用のランニングシューズ「トルション ZX 5020」は、グレーのアッパーにピンクのストライプ、ミッドソールはブルーでした。

この靴にはこだわりを反映しています。
そしてこのモデルは、本コレクションの背景を語るストーリーテラーでもあります。

An Interview with Gary Aspden

via. end./adidas


アディダス・グレンバック SPZL 新作・新色コレクション(amazon)

adidas Glenbuck SPZL
(Clear Brown / Off White / Clear Granite)

Glenbuck SPZL Shoes (Clear Brown / Off White / Clear Granite)

adidas Glenbuck SPZL (Clear Brown / Off White / Clear Granite)
via. adidas


アディダス公式より

過去のランナースタイルから着想を得た、クラシックな一足。

ストリートウェアの既存のコンセプトを一掃し、スポーツウェアに新たなアイデンティティを与えるアディダスSpezialコレクション。キュレーターの秘蔵コレクションの一足からヒントを得てデザイン。

軽量なテキスタイルを採用し、トゥとヒールにはスエードのオーバーレイを配している。弾力性のあるPUフォームで成型されたミッドソールが特徴。ビンテージデザインからインスピレーションを得た、網目模様で仕上げている。

Glenbuck SPZL Shoes (Clear Brown / Off White / Clear Granite)

via. adidas


Glenbuck SPZL Shoes (Clear Brown / Off White / Clear Granite)

via. adidas


アウトソールは細かいダイヤ柄。その中には幾つもの小さなトレフォイル(三つ葉)が型取られています。

adidas Glenbuck SPZL (Clear Brown / Off White / Clear Granite)

via. adidas


Glenbuck SPZL Shoes (Clear Brown / Off White / Clear Granite)

via. adidas


Glenbuck SPZL Shoes (Clear Brown / Off White / Clear Granite)

via. adidas


adidas Glenbuck SPZL
(Mist Jade / Icey Pink / Black)

adidas Glenbuck SPZL (Mist Jade / Icey Pink / Black)

adidas Glenbuck SPZL (Mist Jade / Icey Pink / Black)
via. adidas


adidas Glenbuck SPZL (Mist Jade / Icey Pink / Black)

via. adidas


adidas Glenbuck SPZL (Mist Jade / Icey Pink / Black)

via. adidas


adidas Glenbuck SPZL (Mist Jade / Icey Pink / Black)

via. adidas


adidas Glenbuck SPZL (Mist Jade / Icey Pink / Black)

via. adidas


Amazonで探す

アディダス・グレンバック SPZL(adidas Glenbuck SPZL)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド


Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スニーカーショップ・スキット(skit)

スポンサーリンク







スポンサーリンク