C.P. はファッションでも、トレンドでもない。

Ewood Park is the home of Blackburn Rovers Football Club

ゲイリー・アスプデン氏がサポーターである地元ブラックバーンのプロサッカークラブ「ローヴァーズFC」のホームスタジアム、イーウッド・パーク
via C.P.Company


イタリア発カジュアルブランド、C.P.Companyのプロモーションビデオより。アディダス・スペツィアルラインのプロデュースでもおなじみ、ゲイリー・アスプデン氏が「C.P.」について語るという異色の企画。

「C.P.」と出会った頃の青春時代について、アスプデン氏の地元ダーウェンやブラックバーンの話。アディダス・スペツィアルの2018年のテーマでもあるレイブカルチャー「アシッドハウス」体験を中心に話を展開しています。



C.P. Company 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

アシッドハウス体験と
故郷ダーウェンとC.P. Company

Eyes On The City | London & Darwen : C.P. Company

C.P. Companyを初めて手に入れた時のことは、今でもはっきり覚えています。

1989年のことです。

左胸に「989」と数字が入っていました。
それは、すでに捨てられてしまって、今はもうありません。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


C.P.はブランド自身が、その哲学について雄弁に語ります。
そこに過剰なことなど一切ありません。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


10代前半の頃、私は服のことで頭がいっぱいでした。

当時私たちが着ていたスタイルは、現在「カジュアル」と呼ばれているものです。

しかし私の友人ケヴィン・サンプソンがいつも言うように、(意図のない、という意味での)「カジュアル」では何ひとつなかった、ということです。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


*「友人ケヴィン・サンプソン」とはリヴァプール出身の作家で、「Awaydays」の著者。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


大学生だった私は、学校生活よりも「アシッドハウス」の方に遥かに興味があったので、マンチェスターの大学を辞めてしまいました。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


「アシッドハウス」の初体験は、1988年9月の木曜日の夜。

(イングランドの北西部の都市)ブラックバーンの「セラヴィ」というクラブでスタート。

それから18か月経つうちに、巨大な倉庫で1万人規模になっていったのを私は目撃しました。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company



1980年代は景気後退が原因で、ブラックバーンの倉庫や工場が閉鎖し空き家になっていました。
その結果、そこがアシッドハウスの発祥地となりました。

私たちは(そのムーブメントを)肯定的に見ていました。
過去の罪を水に流すこともできる、と。
(対立する人たちは)和解していったのです。

*「和解」について、イギリスのニュースメディア「The Guardian」は当時のことを特集記事で「すべての障害が消え去った。サッカーのフーリガンのなかには、他のチームのサポーターと幸せそうにハグしているヤツを見た。彼らはダンスフロアでひとつになっていた。」と書いています。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


世界を変えるのは自分たちだと、当時の私たちは信じていました。

しかし現実には、そのようにはなりませんでした。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


仕事の拠点をロンドンに構え18年になります。
ロンドンを愛していますし、世界で最も大きな都市のひとつだと思います。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


けれど、まだ「ホーム」とまでは思っていません。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


私にとっての「ホーム」は、
ブラックバーン近郊のダーウェンという町、ランカシャーの東にあります。

そこが私のルーツ。
古くからの友人がいて、
私の家族が住む場所です。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


私は今までずっと旅をしてきました。
新鮮で刺激的な、ありとあらゆる人々と出会ってきました。

しかし、年を取るにつれて、
やはり「持つべきものは古くからの友人」だということに気づきました。

友人達とはいまでも本当にいい関係を築けています。
お互いイギリスの反対側に住んでいるにもかかわらず。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


私が最初にC.P.を「発見」した1980年代後半。
それから30年近くにわたり、
このブランドは私の故郷の文化に不可欠なものです。

その文化は今、子供たちへと。
それはまさに、全く新しい世代が「発見」しつつあるのです。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


C.P. Companyはファッションでも、トレンドでもありません。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


私たちのアイデンティティの一部であり、
私たちの一部でもあります。

Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


Gary Aspden Talks About Acid House, Darwen and C.P. Company.

via C.P.Company


C.P. Company 「ミッレミリア」

ゲイリー・アスプデン氏がビデオの中で着用しているのが、C.P. Companyのゴーグルジャケット「ミッレミリア」。

そして若い頃に初めて買ったというC.P.ジャケットが、おそらく1989年にリリースされたバージョンです。

CP Company Mille Miglia (1989)

CP Companyのゴーグルジャケット「ミッレミリア」オリジナル。
胸に「1989」とプリントされ、ボタンに「989」と刻印された1989年バージョン。
via Massimo Osti


作家フィル・ソーントン氏は、彼の著書「Casuals」のなかで、「今現在も着用されている、シンプルで完璧なアパレルのひとつ」としてCP Companyを選抜。

ゴーグルジャケット、ミッレミリアを「息をのむ美しさ」と形容しています。

1988年にはじめてリリースされたミッレミリア・コートは、イタリアで開催された同名のロードカーレースからのインスパイア。マッシモ・オスティのデザインによって頂点を極めました。

他に類を見ないフードにはゴーグルが装備され、左の袖には腕時計を見るための「窓」が付いており、それは実に息をのむ美しさです。

Amazonで探す

シーピーカンパニー(C.P. Company)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahooショッピング

スニーカー・ストアガイド

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スニーカーショップ・スキット(skit)

スポンサーリンク







スポンサーリンク