アディダス・オリジナルス・ラコムブ SPZL(adidas Originals Lacombe SPZL)

adidas Originals Lacombe SPZL

adidas Originals Lacombe SPZL
via. adidas



アディダス・ラコムブ SPZL(adidas Lacombe SPZL)は、アディダスの温故知新ライン「スペツィアル」(Spezial)から生まれたモデル。

1960年代後期から1970年代前半にかけて活躍した、オーストラリア出身の名テニス選手、ジョン・ニューカム(John Newcombe)氏のシグネチャーモデルをベースにしたオールドテニスシューズなデザインが特徴。

2016年春夏コレクションから登場以来、(2017年秋冬、2018年春夏と)毎シーズン限定モデルとしてリリースされ続ける、アディダスの新しい定番モデルです。

アディダス・ラコムブ SPZL 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

2018年モデル。

adidas Lacombe SPZL

adidas Lacombe SPZL
(Core White / Chalk White / Metallic Old Gold)
via. Oi Polloi


2017年秋冬以来のリリースとなる「ラコムブ SPZL」の限定モデル。

シュータンとヒールパッチの配色がオフホワイトに変更され、よりシンプルに。さらに、インソールのプリントも一新しています。

adidas Lacombe SPZL

via. Oi Polloi


マンチェスターの人気セレクトショップ、オイポロイの製品情報より。

「ラコムブ SPZL」は、「ニューカム」と呼ばれた、このほぼ忘れ去られたアディダスのテニスシューズを、リメイクしたモデルです。

ベースとなった「アディダス・ニューカム」は、オーストラリアのテニスプレーヤー、ジョン・ニューカム氏のシグネチャーシューズ。
スタンスミスやロッドレーバーと同時期に登場したモデルです。


adidas Lacombe SPZL

via. Oi Polloi


adidas Lacombe SPZL

via. Oi Polloi


「ジョン・ニューカム」のアッパーに「ロッド・レーバー」のソールを合体。

アディダスの温故知新系スペシャル・ライン「スペツィアル」(Spezial)から生まれたモデル、アディダス・ラコムブ SPZL(adidas Lacombe SPZL)。

「スペツィアル」からは精巧な復刻モデルだけでなく、過去のアディダスのディテールを一度分解し、再構築する作業が行われています。

adidas Originals Lacombe SPZL

adidas Originals Lacombe SPZL
via. adidas


「ラコムブ SPZL」のデザインのベースには、歴史に残るふたりの名テニス選手、ジョン・ニューカム氏とロッド・レーバー氏のシグネチャーモデルを採用。どちらもオーストラリア出身の選手です。

adidas tennis shoes ad 1974

1974年のアディダス広告。左から、アディダス・ロッドレーバーとニューカム。中央のテニス選手はジョン・ニューカム。優勝をはたした、1973年の全米オープンでの写真。
via. adidas
adidas tennis shoes ad 1974


デザインのベース、特にアッパーのフォルムは「アディダス・ニューカム」からの引用。

PSRさん(@diggerdas)がシェアした投稿

「ニューカム」のアウトソールは「ノップ」と呼ばれるプロフィール(溝)。小さなボタン状の丸が密集したパターンは「アディダス・タバコ」などとも共通するデザインですが、これをもうひとりのオーストラリア人、ロッド・レーバー氏のシューズのアウトソールと交換しています。

adidas Rod Laver (made in France, 1969)

adidas Rod Laver (made in France, 1969)
via. adidas


「アディダス・ロッドレーバー」の最初期モデル。アウトソールはヘリンボーン・タイプ。

adidas Rod Laver (made in France, 1969)

via. adidas


デザインチームの中心人物、ゲイリー・アスプデン(Gary Aspden)氏は、このハイブリッドモデル「ラコムブ SPZL」のデザインについて、インタビューで詳細を語っています。

人気セレクトショップ「SNS」のインタビューより。

このコレクション(アディダス・スペツィアル2016年春夏コレクション)では古いモデルの復刻だけでなく、今までカタログには無かった新しいモデルもリリースされています。どのような改造と創造のプロセスを経て、このモデルが生まれたのでしょうか?

今回の自信作は「Lacombe SPZL」「Cote SPZL」の2つのシューズです。どちらも私が率いるチームによって製作されたハイブリッド・モデル。個人的にはLacombe SPZLが大好きです。

「スペツィアル」は本質的に非常に限定的なコンセプトなので、このハイブリッド・ラインは大きな可能性を秘めていると考えています。

Lacombe SPZLは、コレクターである私の友人が所有する、アディダス・ニューカム(adidas Newcombe)に触発されたモデルです。

ソールの金型を別のスタイルに変更し、(「タバコ」と同型のソールを、「ロッドレーバー」のビンテージタイプに変更。)アッパーと合体しています。

また、より良い素材を採用。
弱点をいくつかを置き換えるなど、靴を徹底的に見直す作業が行われました。

もとの「ニューカム」のブランドタグは、安っぽい緑色のプラスチックでできていたのです。

最後のパズルのピースは、フォクシングテープを数ミリ細くすること。
最終的にモデルが、洗練されたシルエットを得るための絶妙な判断でした。


* Newcombe(左)とLacombe。

PSRさん(@diggerdas)がシェアした投稿


アディダス・ラコムブ SPZL 新作・新色コレクション(amazon)

ファーストカラー
2016年モデル

プレミアムな素材とモダンなカットで、アディダスの背景にある豊かなデザインの歴史を再構築。

そんなアディダス「スペツィアル」ラインから2016年に登場したハイブリッドシューズが、アディダス・ラコムブ SPZL(adidas Lacombe SPZL)です。

adidas Lacombe SPZL (2016)

adidas Lacombe SPZL (2016)
via. hanon


ジョン・ニューカム・モデルをベースに高級感のある素材で再解釈、フォルムも現代風にアレンジしています。

しかし、あくまで古典の「文法」に沿っており、装飾のディテールや、グリーンのシュータン/ヒールパッチにゴールドのロゴなど、オリジナルに敬意を表しています。

adidas Lacombe SPZL (2016)

via. hanon


adidas Lacombe SPZL (2016)

via. hanon


「Lacombe」と「Newcombe」。デザインのベースになったモデルに、ネーミングもよせていますが、由来は「デザインチームの母親の苗字」であることなど、スコットランドの人気セレクトショップ「ハノン」のリリース記事には書かれています。

アディダス・ニューカムのヴィンテージモデルを主にベースとしており、今回のリリースにあたり、ゲイリー・アスプデン氏のコレクターである友人から、アディダスの歴史研究家(ドイツ・ヘルツォーゲンアウラハ在住)に快く貸し出されました。

「Diggerdas」(アディダスの古典を「採掘」する人という意味)の異名を持つゲイリー・アスプデン氏は、デザインチームの中心人物です。

「ニューカム」という名前は、オーストラリアのテニス選手に因んで付けられたネーミング。シグネチャーシューズとして60年代後半から70年代までリリースされました。

ソールユニットはアディダス・タバコとよく似ていますが、ニューカムの方が細くてスリムです。

今回、「ラコムブ SPZL」を作成するにあたって、アッパーにロッドレーバー・ビンテージのアウトソールを合体。フォクシングテープの高さを抑えました。

Lacombeというネーミングについて、
不思議に思っているかもしれないので、お教えしましょう。

スペツィアル・チームのフランス人メンバー、
その母親の旧姓に由来します。

adidas Lacombe SPZL (2016)

via. hanon


adidas Lacombe SPZL (2016)

via. hanon


adidas Lacombe SPZL (2016)

via. hanon


adidas Lacombe SPZL (2016)

via. hanon



Amazonで探す

アディダス・ラコムブ SPZL(adidas Lacombe SPZL)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スニーカーショップ・スキット(skit)

スポンサーリンク







スポンサーリンク