エアマックスのデザイナーが手掛けたリーボック・スニーカー。「アズトレック」がオリジナルカラーで復活。

Reebok Aztrek OG

Reebok Aztrek OG
via sneakers.fr


リーボックから復刻モデル、リリースのニュース。

ナイキ・エアマックスのデザイナーが1993年に手掛けた、リーボックのレトロ・ランニングシューズ、「アズトレック」がオリジナルカラーで復活です。

リーボック・アズトレック 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

ダッドな90sスニーカー復活。

Reebok Aztrek

リーボック・アズトレック
via Reebok


「スニーカーニュース」より。

The Reebok Aztrek OG Is Making A Return : sneaker news

ずんぐりした(chunky)レトロランナーのブームがこの夏、最高潮の盛りあがりを見せています。

スニーカー業界はどのブランドも、アーカイブを掘り起こし、古典的なモデルを再発行。

これは世界各地のスニーカーヘッドやファッショニスタたちにとっても、大いにうれしいことです。

そして、クラシックなランニング・シューズ「デイトナDMX」「3D オーパス」の復刻リリースを手掛けたリーボックが、この夏、復刻第3弾に選んだのが、今回初の再発となるランニング・モデル「アズトレック」です。

Reebok Aztrek

via Reebok


オリジナルリリースは1993年。デザインは、伝説的スニーカー「エアマックス 97」の生みの親、クリスチャン・トレッサー氏によるものです。

メッシュ下地の上に、非対称なスエードが重なり合う大胆なアッパーが特徴的。これは典型的なリーボックの90sデザインです。

もともとはトレイルランニング・シューズとして開発された「アズトレック」は、クッショニングの「ヘキサライト」と、アウトソールにギザギザしたラバースタッドを装備しています。

復活カラーのバリエーションは、ティールブルー/ホワイト/ブラックと、ブルー/ローズ/ホワイト2タイプ。

今のスニーカーシーンに完璧に対応、レトロなバイブスを発散しています。

Reebok Aztrek

via Reebok


ポンプフューリーと同じクッショニング「ヘキサライト」を搭載。

「ハイスノバイエティ」より。

Reebok’s ’90s-Favorite Aztrek Runner Is Making a Comeback : highsnobiety

リーボックの2018年秋冬コレクションにて、90年代の人気モデル「アズトレック」が復活します。

1990年代初頭、当時先駆的なランニングシューズとして登場した「リーボック・アズトレック」。

そのオリジナルのデザインは、ナイキのエアマックス97を設計したことでも知られる、クリスチャン・トレッサー氏によるもの。

レトロな90年代がトレンドである、今の気分をしっかり押さえ「アズトレック」は復活します。

Reebok Aztrek

via Reebok


このスニーカーの特徴は、クラシックなクッション技術「ヘキサライト」を搭載した厚めのミッドソール。アウトソールには攻めてる(aggressive)トレッドパターンを採用しています。

今回リリースされるカラーバリエーションは2種類。

ひとつめは、ホワイトに、レッドとネイビーのコントラストがアクセントになったバージョン。

もうひとつは、ホワイトがメインでロゴがブラック。差し色のグリーンがアクセントになったバージョンです。


Reebok Aztrek OG

via 43einhalb


Amazonで探す

リーボック・アズトレック(Reebok Aztrek)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スキット(skit)

スポンサーリンク







スポンサーリンク