アディダス・マイアミ(adidas Miami)

adidas Miami

adidas Miami


アディダス・マイアミ(adidas Miami)は
1979年に登場したレジャーシューズ。

ネーミングはアメリカ合衆国フロリダ州の都市、
ザ・マジック・シティの愛称でも知られる
リゾート地「マイアミ」から。

Uチップのダービーシューズを意識したシックなデザインは、
1980年代初頭ドイツやイギリスなどのヨーロッパ圏で人気のあった
カジュアルモデルです。

ザ・マジック・シティ(The Magic City):
約1000人ほどであったマイアミ首都圏の人口が、
わずか110年の間に約550万人まで成長したことから
こう呼ばれています。

アディダス・スニーカー 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

アディダス・レジャーシューズの隠れた名作

国内では無名なモデル「アディダス・マイアミ」ですが、
スニーカーの専門書として知られる「trainers」(ニール・ハード 著)では、
レジャーシューズの代表モデルとして「マイアミ」を掲載しています。

trainers/Neal Heard

trainers/Neal Heard


マイアミ

アディダスが長年にわたって開発に取り組んだ「レジャーシューズ」。
この「マイアミ」も、そのうちのひとつです。

確かに好みが分かれるデザインで、
一見、自宅にある「おじいちゃんの靴」の様でもありますが、
しかし、細部へのこだわりが素晴らしい。

小さなメタル製の「トレフォイル・ロゴ」が
絶妙なアクセントになっています。


またその翻訳版「スニーカー・スタイル」の解説によると。

日本ではマイナーだが、クラークスが大ヒットさせた同種のデザインに対抗する目的でリリースされたといわれている。

との指摘が。

「マイアミ」「バージニア」「パームスプリングス」

アディダス・マイアミは1979年
ドイツ国内向けのスポーツカタログに登場。

キャメルカラーのタンニン・レザーを
Uチップ・デザインに仕上げ、
トレーニングシューズのアウトソールをミックス。

リゾート地でのハイキングやドライビングなど、
おしゃれに余暇を楽しむことを目的に開発された
スポーツカジュアル・モデルです。

adidas catalog 1979

6)パームスプリングス(Palm Springs)
7)マイアミ(Miami)
8)バージニア(Virginia)
adidas catalog 1979


3色が同時リリース。キャメルの「マイアミ」に加え
黒の「パームスプリングス」、こげ茶の「バージニア」と、
それぞれアメリカの地名がモデル名としてネーミングされました。

1979年のドイツ国内向けアディダス・スポーツカタログより。

adidas catalog 1979

adidas catalog 1979


「パームスプリングス」は
スマートなダービー・カットのレジャー・シューズ。
アッパーにはアニリン仕上げを施したレザーを採用。

吸着カップ仕様のポリウレタンソールで
スリップを防止します。

「マイアミ」と「バージニア」も同じくダービー・カット。
「パームスプリングス」と同機能モデルです。

adidas catalog 1979
6)パームスプリングス
7)マイアミ
8)バージニア

期待のニューリリースとして登場した3色のレジャーシューズ、「パームスプリングス」「マイアミ」「バージニア」ですが、ブラックモデル「パームスプリングス」に、その後悲劇が起こります。

翌年1980年のカタログでは
こげ茶担当だった「バージニア」が真黒へとモデルチェンジ。

adidas catalog 1980

(左から)マイアミ、バージニア
adidas catalog 1980


ブラック担当であった「パームスプリングス」の名前は見当たりません。

さようなら「パームスプリングス」。
これより「マイアミ」と「バージニア」の2タイプ時代へと突入します。

関連記事:アディダス・パームスプリングス

1980年のイギリス国内向けアディダス・スポーツカタログより。

adidas catalog 1980

adidas catalog 1980


G 3828)マイアミ

アッパー:タンニン・レザー
ソール:吸盤状のパターンを施したポリウレタン製
ダービーカットの襟部にはパッドを装備、
極めて履き心地の良いシューズです。
サイズ:6-12

G 3826)バージニア

アッパー:黒のタンニン・レザー
ソール:吸盤状のパターンを施したポリウレタン製
「マイアミ」のブラックバージョンです。
サイズ:6-12

adidas catalog 1980

サンドカラー「サンフランシスコ」が仲間入り

翌年1981年のカタログでは
「マイアミ」「バージニア」に加え、新色サンドカラーが登場。

adidas catalog 1981

(左から)マイアミ、サンフランシスコ、バージニア
adidas catalog 1981


こちらにもアメリカの地名をネーミング。
西海岸を代表する都市「サンフランシスコ」と命名されています。

さらに翌年1982年のカタログでは
新色「サンフランシスコ」を大きくフィーチャーしています。

adidas San Francisco

San Francisco
adidas catalog 1982


「サンフランシスコ」

スポーティ・テイストでシックなカジュアルシューズ。
アニリン革をアッパーに、ダービーカットに仕上げました。

履き口周りにはパッドを装備し、
クッションが効いたインソールにはレザー素材を使用しています。

軽量でノンスリップ構造のアウトソールはポリウレタン製。
丸みを帯びた形状は接触面が大きく、かかと部分も幅が広くなっており、
クルマの運転ではフットペダルの操作を自由に円滑に、疲労を軽減します。
また、ハイキングではグリップ力を発揮し足を保護します。

どなたにもオススメの超快適モデル。
ファッショナブルな一足です。

adidas catalog 1982

adidas catalog 1982


右ページにはその兄弟モデルとして
「マイアミ」と「バージニア」が掲載されています。

adidas Miami Virginia

Miami + Virginia
adidas catalog 1982


マイアミ + バージニア

スポーティーに仕上げた、シックなレジャーシューズ。
2タイプともに「サンフランシスコ」と同じ性能をもつ
同じデザインのシューズです。


via. www.adidas.com

アディダス・スニーカー 新作・新色コレクション(amazon)

Amazonで探す

アディダス(adidas)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スニーカーショップ スキット(skit)

スポンサーリンク







スポンサーリンク