2001年1月〜10月のスニーカー

Vibe Magazine 2001/1-10 Sneak Peak
北米発の音楽 + ファッション情報誌「ヴァイブ・マガジン」の
2001年1月号から10月号まで掲載されたスニーカーをまとめました。(2月号の20足はこちら

当時「ヴァイブ・マガジン」に存在したスニーカーの最新情報コーナー「スニーク・ピーク」(プレビューの意味)より。

ナイキ・エア・ハイパーフライトやショックスなど現在も人気のあるモデルから、
プーマのスリッポン「フェダーソック」などのレアモデルまで全7モデル。

「誰におすすめ?」「それはなぜ?」「どういう時に?」等の質問に答える形でそれぞれのスニーカーの特徴を紹介しています。

ナイキ・ショックス R4(Nike Shox R4)

最高のパフォーマンスを求めるおしゃれなアスリート達へ。
靴のかかと部分にはバウンス(跳ね返り)テクノロジーが搭載され、コートの上でのアップとダウンに迅速に対応します。


アディダス・スター・レーサー(adidas Starr Racer)

「そのスニーカーどこで買ったの?」と尋ねがちな人へおすすめ。
カラーは珍しい「オービット・ブルー」。たくさんの人の中で目立ちたい時にどうぞ。


プーマ・フェダーソック(Puma Federsock)

危険な生き方を愛するハッピーでシャイニーなクラブ・キッズにおすすめ。

「ベイビー! 見ろよ! 靴ひもが無いんだぜ!」

ダンスフロアで弾けたい時にぴったりなスニーカーです。


リーボック 3D フライヤー(Reebok 3D Flier)

夏の熱い日に、屋外でリラックスするのが好きな方へおすすめです。

軽量の素材を採用しているので足汗を防ぎます。

「日陰でまったり、冷たいレモネードを一杯」な時にどうぞ。


ナイキ・エア・ハイパーフライト(Nike Air Hyperflight)

スピードを自分のものにしたい方におすすめ。

わずか10オンス(約280g)。ナイキの中でも最も軽いバスケットボール・スニーカーです。

バスケットボールのコートで「リベンジ」したいのでしたら、どうぞ。


リーボック・ハーフ・ステップ(Reebok Half Step)

かなりまったりしたい人向けのモデル。靴ひもを結ぶのがどうもイライラするのです。

いつもだるい感じ。でも、おしゃれなあなたに。


ナイキ・カイバブ(Nike Kaibab)

都会のなかにいる人にこそ履いてもらいたいモデル。

あなたが出発してしまえば、もうあなたに圧力がかかることはありません。

大自然への旅に最適なスニーカーです。


Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スポンサーリンク







スポンサーリンク