1998年8月のスニーカー

Vibe Magazine Sneak peek 1998/8 sneaker

もしあなたがこの秋、エクストラ・バターな(超イケてる)スニーカーを幾つか買ってみようと思っているのでしたら、このページを近所の行きつけのスニーカー・ショップに持っていってみてください。

すぐにオーダーして、靴ひもを結んで、ぴかぴか綺麗にキープしましょう。そして愛と誇りをもってこれらの「宝石」を着用しましょう!


北米発の音楽 + ファッション情報誌「ヴァイブ・マガジン」1998年8月号から。

ハイテクスニーカーで人気を二分したナイキとリーボックのイケイケ感と、そこに「エキップメント」シリーズで追随するアディダス。

一方、スタンダードモデル「576」をカラーリングで新鮮に見せるニューバランスなど、丁度「時代の境目」感が興味深い全6モデルです。

またプレビュー記事では「これで人気が復活するかも」と書かれてしまったケースイスの「アルテゾ」は現在3rdモデルが市場に出回る現役モデルです。

アディダス・エキップメント・ダボス(adidas Equipment Davos)

色と色がぶつかっていますが、それでもうまくハマっています。このランニングスニーカーは、どのものとも似ていません。


リーボック 3D ポンプ・オーパス(Reebok 3D Pump Opus)

確実に「デザインのゲーム」をレベル・アップし続けているリーボック。否定のできない勝者がそこに在ります。


ニューバランス 576(New Balance 576)

さあ、あなたもこの熱狂を体験することができます。「クレヨラ」カラーは現在アメリカで取扱中です。


クレヨラ(クレオラ)


ナイキ・エア・トータル・ピラー・マックス(Nike Air Total Pillar Max)

超フリーキー!他との幾つかの違いはアーティスティックなデザインと色彩の配合です。


ケースイス・アルテゾ(K-Swiss Altezo)

このテニスシューズ・メーカーはアップデートなクラシックモデルのリリースによって人気が復活するかもしれません。


ナイキ・トータル・エア・フォームポジット・マックス(Nike Total Air Foamposite Max)

「メタリカ?」いいえ、それっぽいですが違います。まさに新しい千年紀を体現する最初のスニーカーです。


Amazon KICKS(アマゾンキックス)

スポンサーリンク







スポンサーリンク