ナイキ エアジョーダン 2010(NIKE AIR JORDAN 2010)

ナイキ エアジョーダン 2010(NIKE AIR JORDAN 2010)は、エアジョーダンシリーズ2010年モデル。

シグネチャーモデルはマイケルジョーダンが引退した後も毎年リリースされ続け、シリーズ23周年を迎えた2008年に、現役時代の背番号「23」を記念して「エアジョーダン23」(AIR JORDAN XX3)の発表でひとつの節目を迎えます。

そして、2009年には「エアジョーダン 2009」(AIR JORDAN 2009)として新シリーズがスタート。本作「エアジョーダン 2010」も西暦がナンバリングされた2010年モデルです。
ナイキ エアジョーダン 2010(NIKE AIR JORDAN 2010)
ナイキ エアジョーダン 2010(NIKE AIR JORDAN 2010)
image from kinetics


デザインを担当したのは、ジョーダンシリーズやエアーマックス1(AIR MAX 1)など、ナイキの名作スニーカーを生み出してきたシューズデザイナー「ティンカー・ハットフィールド」(TINKER HATFIELD)。

まず目を引くのは、アッパー両サイドにある円形の窓「TPUウインドウ」。通気性を効率的に確保するための斬新なデザインです。

衝撃吸収材には「フルレングスズームエア」と「ヒールズームエア」を重ねた「スタックヒールズームエア」を搭載。「軽量性」を保ちつつ、衝撃をしっかりと吸収するよう設計されています。

また、ナイキが提唱する「コンシダード デザイン」を採用。環境への影響を考え「有害物質を排除し、環境に優しい素材を使用し、なるべく最低限のエネルギーで製品を開発」というプロジェクトによるスニーカーです。

>>ナイキ エアジョーダン 2010をオンライン通販で探す。(Yahoo!ヤフーショッピング)
>>ナイキ エアジョーダン 2010をオークションで探す。(Yahoo!ヤフーオークション)

取り扱い店

キネティクス(KINETICS)
ミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)

スポンサーリンク







スポンサーリンク