ピー・エフ・フライヤーズ(PF-Flyers)ブランド情報

ピー・エフ・フライヤーズ(PF-Flyers)ヒストリー

ピー・エフ・フライヤーズ(PF-Flyers)誕生まで


1900年代アメリカ、オハイオ州アクロンのタイヤメーカーBFグッドリッチ社(BF Goodrich 現在ミシュラン Michelin傘下)がシューズの生産を開始。

1905年ストレートライン(Straight-Line)、1928年 ロングランス(Chief Long Lance)などのアスレチックシューズを発表。

当時、ネイティブアメリカンのアメリカンフットボールのスター、ジム・ソープが、BFグッドリッチのシューズを愛用したことで注目を集めます。(ジム・ソープ Jacobus Franciscus Thorpe 1888-1953 陸上、メジャーリーグ、バスケットボール選手としても活躍)

1933年BFグッドリッチはアーチサポート(3点アーチの矯正)のためのインソールポスチャー・ファンデーション・インソールシステム(Posture foundation insole technology)を開発、商標登録します。

アーチサポートとは、足の裏の構造はアーチ型になっていて、親指、小指、土踏まずの3点のポイントを結ぶ線のことを3点アーチと言い、この3点のバランスを運動中にキープして足へのダメージを軽減するシステムです。

グッドリッチのインソールは内側の7度の傾斜が姿勢を保ち3点アーチを矯正。そのアーチサポートの新テクノロジー(Posturefoundation ポスチャー・ファンデーション)の名前より、1937年 PFフライヤーズ(PF Flyers)ブランドが誕生します。

クッション性にもすぐれている、PFフライヤーズのシューズは、1950-1960年代には

ラン ファスター、ジャンプハイヤー(RunFaster,Jump Higher早くそして高く)

というキャッチフレーズで、アメリカのキャンバスシューズ市場でシェア20%と、最もポピュラーなシューズとして人気を博し、センター(center)グラウンダー(grounder)など名作シューズを生みアメリカ軍の標準シューズとしても採用されるほど定番ブランドに成長します。

ブランドの終焉


しかし、後続メーカーなどの進出により人気が低迷。
1972年にBFグッドリッチ社はシューズ部門を撤退。

当時コンバース(converse)ブランドを所有していた
エルトラ社(Eltra)により買収されます。

(この時、PFフライヤーズと同時にBFグッドリッチ社がライセンスを所有してた
ジャックパーセル(JACK PARCELL)もエルトラ社により買収され
コンバース・ジャックパーセルとして今に至ります)

1975年、独占禁止法に触れ、エルトラ社はPFフライヤーズブランドを手放すことに。

以降、1976年ブルックフィールド・アスレチック社(Brookfield ATHLETIC SHOE COMPANY)、
1984年ハイド・アスレチック社(Hyde Athletic)、
1991年エル・ジェイ・オー社(LEIF J OSTBERG INC.)へと転売されますが、
新しいモデルは成功することなく、PFフライヤーズは過去のブランドとなり、姿を消していきます。

PFフライヤーズ(PF Flyers)ブランドの復活


しかし、2001年に転機が訪れます。
アメリカボストンのシューズメーカー、ニューバランス(NEW BALANCE)
PFフライヤーズ(PF Flyers)を買収。

2003年2月、PFフライヤーズ(PF Flyers)ブランドはニューバランス傘下にて復活を果たします。

2003年 3月には、日本での販売が始まり、
同時にロンドン、パリ、ミラノ、ベルリンなどヨーロッパ主要都市で販売が開始。

1950年代から1960年代にリリースされたクラシックタイプのバスケットシューズを中心に、サンドロット(Sandlot)やセンター(center)など名作モデルの復刻版が続々リリース。古きよきアメリカを感じさせるアメカジアイテムとしても注目を集めています。

ピー・エフ・フライヤーズ 新作・新色コレクション(amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

公式サイト


PF-Flyers
www.pfflyers.com

Amazonで探す

ピー・エフ・フライヤーズ(PF-Flyers)

取り扱い店を探す

楽天市場
Yahoo!ショッピング

Amazon KICKS(アマゾンキックス)


ボストンクラブ(boston-club)

ミタスニーカーズ(mita sneakers)


スポンサーリンク







スポンサーリンク